[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 練習1時間で準優勝? 保木、廣田組が苦笑い「結果が出ちゃったという感じ」

練習1時間で準優勝? 保木、廣田組が苦笑い「結果が出ちゃったという感じ」

思わず苦笑いだ。混合ダブルスで準優勝した保木卓朗(トナミ運輸)は「結果が出ちゃったという感じです」と素直な感想を語った。国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は24日に東京体育館で最終日を迎え、混合ダブルスの保木、廣田彩花(再春館製薬所)組は決勝で中国ペアにストレートで敗れ、準優勝となった。

ヨネックスOP、結成から3か月…保木「組むとは思わず、連絡先も知らなかった」

 思わず苦笑いだ。混合ダブルスで準優勝した保木卓朗(トナミ運輸)は「結果が出ちゃったという感じです」と素直な感想を語った。国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は24日に東京体育館で最終日を迎え、混合ダブルスの保木、廣田彩花(再春館製薬所)組は決勝で中国ペアにストレートで敗れ、準優勝となった。

 初優勝はならなかったが、混合ダブルスにおける日本勢初の決勝進出は、快挙だ。まだ連係が磨かれていない状況で好成績を残したため、今後の動向が気になるところだが、保木は「今回、決勝に行けたことで自信にはなりますけど、本業の男子ダブルス、女子ダブルスに重点を置いて、ミックス(混合)は、その練習の気持ちでやっていくつもり。やるときに仕事をしっかりこなしていくだけ」と、素っ気なかった。

 実感がない、というのが本音だろう。日本代表の朴柱奉ヘッドコーチの意向により、6月の代表合宿で初めてペアを組み、同月のスーパーシリーズ第6戦オーストラリアオープンに出場してから、まだ3か月。第7戦の韓国オープンを合わせても3大会目だ。双方が男子ダブルス、女子ダブルスをメインにしているため、代表合宿や大会中も、混合ダブルスとしての練習は極端に短い。廣田は、福島由紀とのペアで世界選手権の銀メダルを獲得しており、今大会でも女子ダブルスと合わせて2種目で準決勝に進出した。保木は「練習は、ほとんどない。韓国オープン、ジャパンオープンの前に行った合宿中に20分くらいの練習を3回やったくらい」とトレーニング状況を明かした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー