[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カットは不可能!? レブロンの“空飛ぶ一撃”連発に球団公式「フルコートパスの達人」

米プロバスケットボール(NBA)のレイカーズは4日(日本時間5日)、本拠地スパーズ戦で129-102の勝利を収めた。球団公式インスタグラムは2本の動画を公開。レブロン・ジェームズが披露した空を飛ぶようなロングパスに「フルコートパスの達人だ」と称賛し、ファンの反響が集まっている。

レイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】
レイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】

レブロンのロングパス動画にファン反響「レイカーズの“クォーターバック”」

 米プロバスケットボール(NBA)のレイカーズは4日(日本時間5日)、本拠地スパーズ戦で129-102の勝利を収めた。球団公式インスタグラムは2本の動画を公開。レブロン・ジェームズが披露した空を飛ぶようなロングパスに「フルコートパスの達人だ」と称賛し、ファンの反響が集まっている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 まぐれではない。自陣のフリースローサークルでボールを受けたレブロン。敵も味方も反対ゴールへと走る中、両手でパスを出した。観衆の視線を集めたボールは選手たちを追い越していく。ピンポイントでリング手前に飛んで行った。そして、ゴール下で待ち構えていたアンソニー・デイビスが両手でキャッチ。もう一度ジャンプをしてゴールを決めた。途中でカットできないほどのロングパスに観衆は大歓声だ。

 2本目でも同様に自陣のフリースローサークルからロングパス。低い弾道で放たれたボールは、敵ゴールに走り込んだケンテイビアス・コールドウェル・ポープにわたり、楽々と得点につながった。球団公式インスタグラムが2つのプレー動画を公開。「フルコートパスの達人だ」と文面に記すと、ファンからも称賛の声が集まっている。

「歴代最高のパサー」
「フルコートパスのCEO」
「彼が望めば、レブロンはクォーターバックにでもなれるんじゃないか」
「レイカーズのスター“クォーターバック”」
「テレビゲームみたいだね」
「2本目も素晴らしいね」
「ああ、もうっ、コービーがいなくて寂しくなったよ」

 OBのコービー・ブライアント氏がヘリコプター事故で亡くなって悲しみに包まれたが、チームは2連勝で上り調子。レブロンは出場34分11秒で36得点、7リバウンド、9アシストをマークした。友の死を乗り越えて輝きを放っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集