[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、「4.25」ラスベガス初上陸決定にワクワク「PFPに相応しい試合を世界に届ける」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日、都内で会見し、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行うことを正式発表した。3団体統一戦に臨むのは日本人初となる。26歳の井上の戦績は19勝(16KO)、30歳のカシメロは29勝(20KO)4敗。

カシメロ戦を発表し、会見した井上尚弥【写真:小倉元司】
カシメロ戦を発表し、会見した井上尚弥【写真:小倉元司】

ついに正式発表! モンスターが米ラスベガスに初登場、日本人初の3団体統一戦へ

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日、都内で会見し、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行うことを正式発表した。3団体統一戦に臨むのは日本人初となる。26歳の井上の戦績は19勝(16KO)、30歳のカシメロは29勝(20KO)4敗。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 井上は昨年11月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に12回判定勝ち。試合後に米興行大手・トップランク社とプロモート契約し、今後2試合は米国開催であることを発表していた。17年9月にWBO世界スーパーフライ級王座7度目の防衛戦(米カリフォルニア州カーソン)でアントニオ・ニエベス(米国)を6回KO勝ち。2年7か月ぶり2度目となる米国上陸だが、聖地・ラスベガスでは初となる。

 会見場でマイクを握った井上は、3つのベルトがかかる大一番に向けてこう語った。

「まずこの試合、ラスベガスでの3団体統一戦が決まり、正直ワクワク。早く試合をしたい。この試合は3団体統一に凄く意味がある。4団体統一までに欠かせない試合。バンタム級統一に向けて頑張りたい。ラスベガスのイメージはボクシングの本場。昔からそのイメージを持っていた。メインイベントで試合ができることに誇りを持っている」

 カシメロについては「本当にフィリピン人らしい荒々しさを持った、野性味あふれる選手。危険なハードパンチを持っている。そういうところを気を付けながら戦いたい」と印象を語った。「もともと統一戦をしたいとスーパーフライでも思っていた。こういうマッチメイクにモチベーションを持ってやりたい。初めてのラスベガスのメインの試合。パウンドフォーパウンドにふさわしい試合を世界の皆さんにお届けしたい」と力を込めた。

 井上と同じく3階級制覇王者のカシメロは、11月末に世界戦最速の11秒KO記録を持つゾラニ・テテ(南アフリカ)からWBO王座を奪取。井上との統一戦を熱望していた。

 ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノ内にあるイベンツセンターでは、17年12月に尾川堅一(帝拳)がテビン・ファーマー(米国)とIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦(のちに無効試合)でリングに立っている。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集