[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリー、早くも“引退プラン”を計画 「アイツと戦いたいんだ」と熱望した意外な相手は

ボクシングのWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と2月22日に“世紀の再戦”を行う元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が“引退プラン”をぶち上げた。今後はワイルダーを含めた3人と対戦後に引退する計画を持っていると、海外メディアが伝えている。果たしてその対戦相手とは……。

タイソン・フューリー【写真:Getty Images】
タイソン・フューリー【写真:Getty Images】

2月22日にWBC王者ワイルダーと“世紀の再戦”、その後2人と戦って引退と発言

 ボクシングのWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と2月22日に“世紀の再戦”を行う元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)が“引退プラン”をぶち上げた。今後はワイルダーを含めた3人と対戦後に引退する計画を持っていると、海外メディアが伝えている。果たしてその対戦相手とは……。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 大一番まで残り約1か月、将来の大展望を明かしていた。米放送局「CBSスポーツ」は、iFL TVのインタビューに応じた際に話した、フューリーの引退計画について紹介している。

 記事では「タイソン・フューリーは考えと計画が激しく揺れ動くことで知られている。彼に同じ質問を数日空けて尋ねると、大きく異なるような答えを得るだろう」と発言内容がよく変わることについて言及。そのうえで「少なくとも直近では、フューリーはワイルダーと対峙した翌月から始め、引退で終わる将来の3ステップの計画があるという」と記している。ワイルダーとの試合は、敗者が3回目の試合を組むことを可能にするという条項があるが、フューリーがWBC王者となった場合には、他に2人と戦い、引退する予定だという。

 では、その2人とは誰なのか。記事では、1人目は同級3団体統一王者アンソニー・ジョシュア(英国)だと伝えている。昨年12月にアンディー・ルイス(英国)との再戦で12回判定勝ちを収めて王座返り咲きを果たしたジョシュアと4団体のベルトをかけた統一戦を見据えているとし、「それはヘビー級ボクシングの試合の中で、歴史上最も大きな試合になるだろう」と期待した。

 そしてもう1人は、WBC同級暫定王者ディリアン・ホワイト(英国)だという。2015年にジョシュアにキャリア唯一の敗北を喫しているが、記事ではホワイトを評価するフューリーのコメントを紹介。「アイツは俺がショットを打つのにふさわしい人物だ。アイツは世界タイトルを持っていないが、高いレベルに位置している。他にタイトルを持っているやつはいるかもしれない。でもアイツと戦いたいんだ。俺がワイルダーを倒した暁には、今度はアイツと戦う。アイツは間違いなく、良い防御をしてくるだろう」と対戦を熱望しているとした。

 「俺はワイルダー、ジョシュア、そしてディリアン・ホワイトと戦うことを期待している。そして俺は引退する」と話したという。記事はフューリーについて「UFCやWWE、プロレスリングで戦うことも考えている。この引退プランに沿って戦う可能性は十分にあり、新しい競技かエンターテインメントの道を探求するだろう」と今後を予想していた。描いているプランも、まずはワイルダーを倒さないことには始まらない。“2.22決戦”で王座返り咲きなるかどうか、見ものだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集