[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリの名前はなぜ消えた? リング誌格付け「1位→追放」は「ルール軽視の嫌悪感が…」

昨年11月のボクシングのWBC世界バンタム級挑戦者決定戦で体重超過を犯し、試合が中止となった元WBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)。指名挑戦権を失い、WBCからランキングから除外される制裁を受けたが、「ボクシングの聖書」と呼ばれる米専門誌「ザ・リング」もバンタム級格付けで1位から一気にランク外となった。なぜ、悪童の名前は消えたのか。専門家は「ネリの常習的なルール軽視に対する嫌悪感」と一刀両断している。 

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

リング誌のバンタム級格付けで一気に圏外、ハーティ記者が説明

 昨年11月のボクシングのWBC世界バンタム級挑戦者決定戦で体重超過を犯し、試合が中止となった元WBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)。指名挑戦権を失い、WBCからランキングから除外される制裁を受けたが、「ボクシングの聖書」と呼ばれる米専門誌「ザ・リング」もバンタム級格付けで1位から一気にランク外となった。なぜ、悪童の名前は消えたのか。専門家は「ネリの常習的なルール軽視に対する嫌悪感」と一刀両断している。 

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 昨年末のボクシング界で体重超過というスキャンダルで騒がせたネリ。元IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦の前日計量で規定を1ポンド(450グラム)超過し、再計量を命じられたが応じず、試合は中止になっていた。これによりWBCランクから消えただけでなく、リング誌が独自選定する階級別格付けのバンタム級部門でも最新版で1位から名前が消えていた。

 同級の王者はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)で優勝したWBAスーパー&IBF王者の井上尚弥(大橋)が君臨。ネリが位置していた1位の座は井上との決勝で激闘を演じた元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)が入り、2位にはWBC王者のノルディ・ウーバーリ(フランス)、3位にはWBO世界王者のジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が浮上した。

 なぜ、悪童は消えたのか。同誌のブライアン・ハーティ記者が公式サイトでその理由を記している。「エマヌエル・ロドリゲスとの戦いがキャンセルとなった際、ルイス・ネリ(1位)はウェートを作らなかった。ネリの常習的なルール軽視に対する嫌悪感と、118ポンドで終わったという噂が重なり、彼を(ランクからの)追放に至ったのだ」と言及した。

 山中慎介との2度のタイトルマッチでドーピング違反と体重超過を犯していたネリ。ルールを破ってきた常習性をリング誌も改めて問題視していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集