[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サッカー日本代表も実践 肉体の疲労回復に最適な食事法とは?

現代サッカーでは90分間、試合によっては延長戦を含めた120分間にわたってハードワークが要求される。

20161007_soccer

日本代表専属シェフが語る「試合後の栄養補給」

 現代サッカーでは90分間、試合によっては延長戦を含めた120分間にわたってハードワークが要求される。選手一人当たりの走行距離は10キロを優に超え、12キロ以上もの長距離を走破する選手も少なくない。走力に加えて細かなステップワーク、球際での激しい競り合い、空中戦における跳躍など多種多様な動きが求められる。

 そんな激しい戦いを強いられる肉体をスムーズに回復させるにはどのような取り組みが必要なのか。今回、サッカー日本代表の専属シェフを務める西芳照さんが栄養補給の重要性について語ってくれた。

 西さんはかつてJFAナショナルトレーニングセンターJヴィレッジの総料理長を務め、現在は福島県広野町のレストラン『アルパインローズ』『くっちぃーな』でシェフを務めている。2011年3月に東日本大震災が発生した後は福島第1原発での対応に当たる作業員に対し「温かい食事を提供したい」との思いから、被災地となった生まれ故郷に留まり続けてきた。ジーコ・ジャパン以降、「日本代表専属シェフ」として代表チームの活動もサポート。ヴァイッド・ハリルホジッチ体制まで6監督14年にわたって日本代表の栄養面を支えている。

 そんな西さんは理想的な栄養補給について「試合前の2日間から炭水化物をしっかりと摂ってもらうのと同時に、試合直後の食事も大事になるんです」と語る。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集