[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エディーHCが熊谷で高校生に熱血指導 明かした今なお日本ラグビーに携る理由

ラグビーの元日本代表ヘッドコーチ(HC)で現イングランド代表のエディー・ジョーンズHCが24日、埼玉・熊谷ラグビー場で行われたラグビー教室(主催=2020オリンピック・パラリンピック/ラグビーワールドカップ2019埼玉県推進委員会)に登場。県内で選抜された高校生60人に2時間に渡る熱血指導を展開し、成長の心得を説いた。さらに、歴史的快進撃を演じた15年ワールドカップ(W杯)イングランド大会後も日本ラグビー界に携わる理由も明かした。

ラグビー教室に登場したエディーHCは高校生60人相手に熱血指導を展開した【写真:荒川祐史】
ラグビー教室に登場したエディーHCは高校生60人相手に熱血指導を展開した【写真:荒川祐史】

W杯開催地の熊谷ラグビー場で60人に2時間指導

 ラグビーの元日本代表ヘッドコーチ(HC)で現イングランド代表のエディー・ジョーンズHCが24日、埼玉・熊谷ラグビー場で行われたラグビー教室(主催=2020オリンピック・パラリンピック/ラグビーワールドカップ2019埼玉県推進委員会)に登場。県内で選抜された高校生60人に2時間に渡る熱血指導を展開し、成長の心得を説いた。さらに、歴史的快進撃を演じた15年ワールドカップ(W杯)イングランド大会後も日本ラグビー界に携わる理由も明かした。

 エディーHCの熱い言葉が、熊谷の冬の空気を吹き飛ばした。地元の高校生を対象とした指導。W杯で世界一を知る名将が姿を現すと、目を輝かせた。「ラグビーは複雑なスポーツだけど、重要なことは“いかに素晴らしい基本的なテクニックを身に着けるか”ということ。それを終わった後に理解できるようにやっていこう」。エディーHCのメッセージでグラウンドに選手が散ると、熱血指導が繰り広げられた。

 練習はアタック、ディフェンス、ブレークダウンといった基礎的なもの。高校生レベルでも、やるべき理由がある。「世界のトップ選手こそ、基礎的なテクニックに長けている。それを若いうちにやっていくことが大事なんだ」。世界を知るからこそ発する言葉に説得力がこもった。日本人ならではの「コミュニケーション不足」についても指摘を繰り返しながら、2時間に渡って精力的に動き回り、指導を展開した。

 嬉しい再会もあった。教室前の対談では、地元・熊谷出身の日本代表・山沢拓也と対面。エディーHCが大学時代から注目し、合宿に招集した縁がある。来年に迫った日本W杯出場を目指す山沢は「日本でW杯で行われるのは凄いこと。出るためにやれることをやり切りたい」と決意を述べた。エディーHCは「日本のW杯という人生に一度のチャンスを逃さないで。次の12か月をどう過ごすかが大事になる」とエールを送った。

スタジアムには保護者、ファンら約1000人が詰めかけた【写真:荒川祐史】
スタジアムには保護者、ファンら約1000人が詰めかけた【写真:荒川祐史】

今なお日本ラグビーに思いを持ち続ける理由「初めに覚悟を決めたんだ」

 保護者、ファンら約1000人が詰めかけ、熱気が充満したスタジアムで1日を過ごしたエディーHC。「今日いいなと思ったのは熊谷でこれだけラグビーに興味を持っている人がいるということ。熊谷はラグビーの街。22年前に東海大でコーチをしている頃、大東文化大と戦って前半を3-45で折り返して後半に49-45と逆転したけど、ラスト1分で負けたことがある。いろんな思い出が詰まっているよ」と感慨深い1日だったことを明かした。

 そんな思い出深い熊谷は、来年のラグビーW杯で実際に試合が行われるスタジアムだ。「本当に素晴らしい施設。2万4000人が入り、試合展開が速くなりそうなグラウンドだ。ボールを動かすラグビーには最適だろう」と印象を語り、スタジアムの壁にサインも記した。2015年W杯で日本代表HCを退任後も定期的に日本に足を運び、若い世代を対象とした指導を続けているエディーHC。いったい、なぜ、日本ラグビーに対して思いを持ち続けているのか。

「2011年から15年まで携ったが、初めに日本を強くするという覚悟を決めたんだ。それが終わっても、フォローアップしていきたい。今日も10人のコーチがいて指導してくれたが、彼らと携わって(教えを伝えて)いくことで10人から500人、600人に影響を与えることができるだろうね」

教室の最後には、こんな言葉を残していた。質問コーナーで体の小さい選手がどう戦っていくかを問われると、エディーHCは「15年のW杯で日本はいいプレーをした。体の大きさは関係ない。どれだけ目標を達成したいと思って、いいトレーニングをいかにハードに続けていくか。今日の練習から変えよう。大事なことは今日、学んだということより、今後、どう過ごしていくかだ」と熱く語りかけ、成長の心得を説いた。

 クリスマスイブに熊谷に現れた世界的名将が残した言葉は、日本のラグビー界の未来にとって、かけがえのないクリスマスプレゼントになった。

スタジアムに残されたサイン【写真:荒川祐史】

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集