[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エディーHCが熊谷で高校生に熱血指導 明かした今なお日本ラグビーに携る理由

ラグビーの元日本代表ヘッドコーチ(HC)で現イングランド代表のエディー・ジョーンズHCが24日、埼玉・熊谷ラグビー場で行われたラグビー教室(主催=2020オリンピック・パラリンピック/ラグビーワールドカップ2019埼玉県推進委員会)に登場。県内で選抜された高校生60人に2時間に渡る熱血指導を展開し、成長の心得を説いた。さらに、歴史的快進撃を演じた15年ワールドカップ(W杯)イングランド大会後も日本ラグビー界に携わる理由も明かした。

ラグビー教室に登場したエディーHCは高校生60人相手に熱血指導を展開した【写真:荒川祐史】
ラグビー教室に登場したエディーHCは高校生60人相手に熱血指導を展開した【写真:荒川祐史】

W杯開催地の熊谷ラグビー場で60人に2時間指導

 ラグビーの元日本代表ヘッドコーチ(HC)で現イングランド代表のエディー・ジョーンズHCが24日、埼玉・熊谷ラグビー場で行われたラグビー教室(主催=2020オリンピック・パラリンピック/ラグビーワールドカップ2019埼玉県推進委員会)に登場。県内で選抜された高校生60人に2時間に渡る熱血指導を展開し、成長の心得を説いた。さらに、歴史的快進撃を演じた15年ワールドカップ(W杯)イングランド大会後も日本ラグビー界に携わる理由も明かした。

【特集】「自分がそこで負けないこと」 なでしこジャパンで立つ“夢舞台”へ秘める闘志 / 女子サッカー 清水梨紗選手インタビュー(GROWINGへ)

 エディーHCの熱い言葉が、熊谷の冬の空気を吹き飛ばした。地元の高校生を対象とした指導。W杯で世界一を知る名将が姿を現すと、目を輝かせた。「ラグビーは複雑なスポーツだけど、重要なことは“いかに素晴らしい基本的なテクニックを身に着けるか”ということ。それを終わった後に理解できるようにやっていこう」。エディーHCのメッセージでグラウンドに選手が散ると、熱血指導が繰り広げられた。

 練習はアタック、ディフェンス、ブレークダウンといった基礎的なもの。高校生レベルでも、やるべき理由がある。「世界のトップ選手こそ、基礎的なテクニックに長けている。それを若いうちにやっていくことが大事なんだ」。世界を知るからこそ発する言葉に説得力がこもった。日本人ならではの「コミュニケーション不足」についても指摘を繰り返しながら、2時間に渡って精力的に動き回り、指導を展開した。

 嬉しい再会もあった。教室前の対談では、地元・熊谷出身の日本代表・山沢拓也と対面。エディーHCが大学時代から注目し、合宿に招集した縁がある。来年に迫った日本W杯出場を目指す山沢は「日本でW杯で行われるのは凄いこと。出るためにやれることをやり切りたい」と決意を述べた。エディーHCは「日本のW杯という人生に一度のチャンスを逃さないで。次の12か月をどう過ごすかが大事になる」とエールを送った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集