[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

坂本花織、“紀平を止めたV”に五輪メディア脚光「人生最高の演技を繰り出した」

フィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム2位の坂本花織(シスメックス)が152.36点で合計228.01点をマーク。逆転で初優勝を飾った。SP5位の紀平梨花(関大KFSC)は155.01点、合計223.76点で2位、SP1位の宮原知子(関大)は146.58点、合計223.34点で3位となった。五輪公式メディアでは「サカモトがキヒラの連勝を止めた」と特集している。

逆転で全日本選手権初優勝を飾った坂本花織【写真:Getty Images】
逆転で全日本選手権初優勝を飾った坂本花織【写真:Getty Images】

シニア転向後4連勝中の紀平を止めた、坂本の演技に脚光

 フィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム2位の坂本花織(シスメックス)が152.36点で合計228.01点をマーク。逆転で初優勝を飾った。SP5位の紀平梨花(関大KFSC)は155.01点、合計223.76点で2位、SP1位の宮原知子(関大)は146.58点、合計223.34点で3位となった。五輪公式メディアでは「サカモトがキヒラの連勝を止めた」と特集している。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 今シーズンのシニア転向後、4大会連続優勝で向かう所敵なしだった紀平。フリーではトリプルアクセル2本を決めるなど、圧巻の演技で1位に立ったが、最終滑走の坂本も7本のジャンプを見事に決める華麗な演技で逆転してみせた。

「カオリ・サカモトが日本のフィギュア女子シングルの新王者となった。18歳の四大陸選手権のディフェンディングチャンピオンは、魅惑のフリーを演じて見せたグランプリファイナル王者、リカ・キヒラの全日本初優勝を阻むことができた唯一のスケーターとなった」

 IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」では、圧巻の演技を見せた16歳の5連勝を食い止めた坂本を高く評価。その上で「サカモトは勝つために148.12点が必要だった。これは自己ベストより5点も高かった。そして、彼女は人生最高の演技を繰り出した。152.36点で大阪におけるサプライズの勝利を掴み取ったのだ」とキャリア最高の舞いと絶賛している。

 紀平や「ミス・パーフェクト」の異名を取る宮原が海外メディアから注目を集めていたが、キャリアハイのフリーで激戦を制した「Kaori Sakamoto」も、平昌五輪代表の名に恥じぬ、見事な逆転劇でフィギュア界にその名を知らしめた。

(THE ANSWER編集部)

3/7~18【ダゾーン独占中継】BNPパリバ・オープン

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集