[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

夢応援マイスターの菊谷崇氏と天野寿紀が石巻工業高校ラグビー部と交流

目標の花園出場まで、あと2勝と迫った宮城・石巻工業高校ラグビー部に16日、この上ないアドバイスとエールの声が届いた。気温10度に迫ろうかという寒さが堪える放課後のグラウンドで、22日に行われる「第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会宮城県予選」準決勝の佐沼高校戦に向けて練習に励む選手たちと一緒に、所狭しとグラウンドを駆けるのは、ラグビー元日本代表主将の菊谷崇氏だ。

石巻工業高校ラグビー部に訪問し、練習に参加した菊谷崇氏
石巻工業高校ラグビー部に訪問し、練習に参加した菊谷崇氏

「一番大事なのはいい準備をすること」 石巻工業ラグビー部に憧れの人が送った金言

 目標の花園出場まで、あと2勝と迫った宮城・石巻工業高校ラグビー部に16日、この上ないアドバイスとエールの声が届いた。気温10度に迫ろうかという寒さが堪える放課後のグラウンドで、22日に行われる「第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会宮城県予選」準決勝の佐沼高校戦に向けて練習に励む選手たちと一緒に、所狭しとグラウンドを駆けるのは、ラグビー元日本代表主将の菊谷崇氏だ。

 公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた「東北『夢』応援プログラム」の第5期がスタートするにあたり、夢応援マイスターを務める菊谷氏が同校を訪問。同じく夢応援マイスターを務めるトップリーグ・キヤノンイーグルスの天野寿紀はオンライン会議システム「Zoom」を通じて、熱いエールを送った。

 菊谷氏は現役だった2016年、キヤノンイーグルスの代表として「東北『夢』応援プログラム」に賛同したことをきっかけに、石巻工業ラグビー部と出会った。翌年からは天野も加わり、以来、定期的に石巻まで足を運んで選手たちの成長をサポート。現地を訪問できない期間は、遠隔指導ツールを活用し、交流を保ってきた。

 これまで菊谷氏と天野が石巻を訪れ、実際に指導する際は、2人が考えたメニューに沿って練習を進め、選手たちとのディスカッションを交えながら、考えてプレーする習慣が身につくように促してきた。だが、この日は6日後に決戦が控える重要な時期ということもあり、「今日は普段やっている練習に加わって、今必要なアドバイスができたらと思います」と菊谷氏。準々決勝の仙台第三高校との試合映像を見たと言い、「みんなが戦う準備ができている様子が伝わってきた」と声を掛けた。

菊谷氏は練習中も選手にアドバイスの言葉を送った
菊谷氏は練習中も選手にアドバイスの言葉を送った

石巻を訪問し、練習に加わった菊谷氏は、プレーと声掛けで選手のやる気を刺激

 3年生は今年6月、オンラインを通じて菊谷氏と天野と“対面”し、コロナ禍での目標設定についてアドバイスを受けていたが、実際にグラウンド上で顔を合わせるのは約1年ぶりのこと。再会する2、3年生はもちろん、初対面となる1年生も、菊谷氏を目の前にして嬉しい笑顔が止まらなかったが、ゲーム形式の練習が始まると、その表情は一気に真剣そのものとなった。

 始めは防寒のため、ダウンベストを着ていた菊谷氏だが、ものの10分も経つとダウンベストを脱ぎ捨て、選手に交じって楕円球を追った。レギュラー陣が集まるAチームと対するBチームに入った菊谷氏は、時折自らボールを持ってAチームの弱点を突くプレーで攻め、選手に注意喚起を促す。また、プレーが中断するとBチームのメンバーに声を掛け、直前のプレーについて簡単に意見交換をし、アドバイスの言葉を送る。その声に選手たちは真剣に耳を傾け、次のプレーに生かす努力を重ねた。

 薄暮だった空が漆黒の闇となり、ナイターの明かりが点灯。一通りの練習を終え、息を切らしながら顔を上気させた選手たちに向け、菊谷氏は「敵の強弱によって、基本のスキルを疎かにしないように」と金言を送った。

菊谷氏、天野と石巻工業ラグビー部の選手たち
菊谷氏、天野と石巻工業ラグビー部の選手たち

オンライン参加の天野は力強いアドバイスとガッツポーズでパワーを注入

 選手たちが息を整えたところで、今度は天野がオンラインで登場。準決勝まで残された時間で「自分たちのやることは明確になっていますか? 準備はできていますか?」と問いかけた。さらに、画面の中から言葉を繋いだ。

「緊張やプレッシャーがあっても、やるべきことが明確になっていれば乗り越えられる。相手がどうこうよりも、一番大事なことはいい準備をすること。短期間でめちゃくちゃ上手になることは無理でも、試合時間の22日13時に向けて、ちゃんと寝て食事を取って体調を整えるなど、いいパフォーマンスに繋がる準備はできる。花園に行くという強い気持ちを持って頑張ってください」

 そう伝えると、ノースリーブでガッツポーズを決める天野の姿に、選手たちは大きな笑い声をあげると同時に、準決勝突破に必要なパワーを注入されたようだった。

 最後に、菊谷氏が選手に向けて「3年生にとっては最後の大会。人生何度もあることではないので、自分たちのベストが出せるように準備をしっかりするように。また、1、2年生も含めたチームとして協力して準備することも大切。これまで積み上げてきたものを、試合で伝えてください」と語りかけると、選手たちは精悍な表情を浮かべ「はい!」と力強い返事で勝利を誓った。

 目指す花園出場まで、あとわずか。菊谷氏、天野から送られたエールを胸に22日、石巻工業ラグビー部が準決勝の舞台に臨む。

(THE ANSWER編集部)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集