[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマチェンコが右肩手術と米報道 執刀医は大谷翔平のTJ手術と同じ“スーパー名医”

元世界ライト級3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は、17日(日本時間18日)にIBF王者だったテオフィモ・ロペス(米国)との4団体統一戦で判定負けし、6年7か月ぶりの黒星を喫した。ベルト3本を失ったウクライナの英雄について、米メディアはロペス戦後に右肩の手術を受けたと報じている。

テオフィモ・ロペスに敗れたワシル・ロマチェンコ【写真提供:Mikey Williams/Top Rank】
テオフィモ・ロペスに敗れたワシル・ロマチェンコ【写真提供:Mikey Williams/Top Rank】

ロペスとの4団体統一戦で判定負け

 元世界ライト級3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は、17日(日本時間18日)にIBF王者だったテオフィモ・ロペス(米国)との4団体統一戦で判定負けし、6年7か月ぶりの黒星を喫した。ベルト3本を失ったウクライナの英雄について、米メディアはロペス戦後に右肩の手術を受けたと報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

「ロマチェンコが右肩の手術を受けた。ロペス戦の前から痛み止めを打っていた箇所である」との見出しで記事を掲載したのは、米専門メディア「ボクシングシーン.com」だった。

 記事によると、ロマチェンコは現地時間19日に右肩の手術を受けたという。「ロペスに判定負けを喫し、WBO、WBA、WBCのタイトルを奪われてから48時間以内の出来事だった」と記載されている。執刀医は米国で「スーパードクター」に選出され、数々のトップアスリートから信頼される名医のニール・エラトロッシュ氏。エンゼルス・大谷翔平の靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)も担当している。

 同メディアによると、ロマチェンコは右肩をトレーニングキャンプの段階で痛めていたようで、「ロペス戦を迎えるにあたって痛み止めを打っていた」という。また、状態は深刻なものではなく、2月までにはトレーニングを再開できる見通しだと伝えられている。

 手数の多いロペスに0-3で判定負けを喫し、王座陥落となったロマチェンコ。権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位だったが、20日に更新された最新ランクでは7位に転落している。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集