[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ブルペン捕手からIT業界に転職成功 元DeNA選手、面接で評価された「捕手のマインド」

日本におけるプロスポーツの先駆けであり、長い歴史と人気を誇るプロ野球。数億円の年俸を稼ぎ、華やかにスポットライトを浴びる選手もいる一方、戦力外通告を受けて現役生活に終止符を打ち、次のステージで活躍する「元プロ野球選手」も多くいる。

現在はセールスフォース・ドットコムに務める松下さん。DeNAでは捕手としてプレーし、引退後はブルペン捕手も経験した【写真:本人提供】
現在はセールスフォース・ドットコムに務める松下さん。DeNAでは捕手としてプレーし、引退後はブルペン捕手も経験した【写真:本人提供】

連載「Restart――戦力外通告からの再出発」第6回、松下一郎氏が転職成功するまで

 日本におけるプロスポーツの先駆けであり、長い歴史と人気を誇るプロ野球。数億円の年俸を稼ぎ、華やかにスポットライトを浴びる選手もいる一方、戦力外通告を受けて現役生活に終止符を打ち、次のステージで活躍する「元プロ野球選手」も多くいる。

 そんな彼らのセカンドキャリアに注目し、第二の人生で奮闘する球界OBにスポットライトを当てる「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」。第6回は横浜DeNAベイスターズを退団後、世界No.1の顧客管理(CRM)ツールを提供する「セールスフォース・ドットコム」(以下、セールスフォース)に務める33歳・松下一郎さん。

 2010年の育成ドラフト1位で入団し、戦力外通告を受けて14年からDeNAのブルペン捕手に。その後、転職活動を経て17年から同社の営業を担当している。米経済誌「フォーブス」による「世界で最も革新的な企業100社」ランキングにおいて第1位を受賞したこともある外資系IT企業。入社に至るまでの経緯と、転職で改めて感じた野球で得たものについて語ってもらった。(文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

「セールスフォースのことは転職サイトで知りました。カラフルで明るい雰囲気のオフィスがバッと画面に出てきたので『何の会社だろう? CRMって何?』と思い、調べていったことがきっかけですね」

 同社の第一印象をこう語る松下さん。主に中堅中小企業の経営者を相手に、経営課題をITを活用して解決する様々な提案をすることが現在の仕事だ。今年で入社5年目。社内制度では既に3度昇進している。

 米国に本社を持つセールスフォースは、日本の従業員数も21年1月時点で2700人を超えるなど急成長中。「フォーブス」が選ぶ「世界で最も革新的な企業100社」で第1位となるなど、多数のアワード受賞を誇るIT企業だ。

 勤務先は東京・丸の内だったが、コロナ禍の影響により昨年4月からフルリモートに変更。1日に3~4件、月計算だと約60件もの打ち合わせをこなしている。

「だいたい午前9時からお客さんとのミーティングが始まるのですが、リモートで移動時間がなくなったこともあって、10時59分に終わったら次の打ち合わせが11時から始まることもあり……結構慌ただしく仕事をしています(笑)」

 捕手として10年の育成ドラフト1位でDeNAに入団した松下さんは、現役引退後にブルペンキャッチャーを3年間経験。その後、転職活動の末にセールスフォースに入社した。

 プロでは2、3年目に左ひざのじん帯を断裂。13年シーズン限りで戦力外通告を受けた。2度目の断裂後、球団には手術を受けさせてもらっていただけに「もう1年チャンスがあると思っていた」が叶わず。呼び出された球団事務所の一室にしばらく残り、一人泣いた。

 当時はリハビリ中だったため、12球団の編成担当らの前で実力を披露するトライアウトは受験できず、他球団からの入団オファーが来ることも現実的ではなかった。1週間悩み、DeNAから打診されていた裏方業への転身を決めた。

「元々、プロになれなかったような自分を獲得してくれた。充実した3年間でしたし、(戦力外と)言われた瞬間はショックだったけれど、求められていることならやろうと思いました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集