[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「練習もチャリもバスもずっと1人で」 孤独な高校生だった羽根田卓也が得た人生の財産

メダルに届かずとも、東京五輪にかけて戦ったアスリートにスポットを当てた「THE ANSWER」の連載「東京五輪 もう一つのストーリー」に登場したカヌーの羽根田卓也(ミキハウス)。インタビューではもう一つ、次世代のアスリートと子供たちに向けたメッセージを送ってくれた。10代で単身スロバキアに渡り、日本ではマイナー競技であるカヌーを一人で背負って2008年北京から五輪4大会に出場したパイオニア。挑戦の連続だったキャリアを振り返り、人生の選択における軸とともに、後輩アスリートに対しての想いを明かした。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

羽根田卓也が子供たちに伝える「挑戦と選択」の大切さ【写真:近藤俊哉】
羽根田卓也が子供たちに伝える「挑戦と選択」の大切さ【写真:近藤俊哉】

カヌー界のパイオニアが子供たちに伝える、人生の「挑戦と選択」の大切さ

 メダルに届かずとも、東京五輪にかけて戦ったアスリートにスポットを当てた「THE ANSWER」の連載「東京五輪 もう一つのストーリー」に登場したカヌーの羽根田卓也(ミキハウス)。インタビューではもう一つ、次世代のアスリートと子供たちに向けたメッセージを送ってくれた。10代で単身スロバキアに渡り、日本ではマイナー競技であるカヌーを一人で背負って2008年北京から五輪4大会に出場したパイオニア。挑戦の連続だったキャリアを振り返り、人生の選択における軸とともに、後輩アスリートに対しての想いを明かした。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 羽根田卓也ほど、道なき道を歩いてきたアスリートはいない。

 元カヌー選手だった父の影響で、9歳から競技を始めた。スラロームコースがなかった日本を18歳で飛び出し、強豪スロバキアに単身渡った。現地で大学と大学院を卒業し、ロンドン五輪出場以降は競技を続けるためにスポンサー獲得を目指し、企業に手紙を送って一人でプレゼンも繰り返した。

21歳で出場した北京五輪から4大会連続出場を果たした【写真:Getty Images】
21歳で出場した北京五輪から4大会連続出場を果たした【写真:Getty Images】

 2つの道が目の前にある時、羽根田の選択の軸は至ってシンプル。「どちらが自分をより成長させてくれるか」だ。

「高校はカヌー部のある男子校に行き、3年間、一生懸命に没頭して。高校を卒業して、どうしようとなった。日本の大学に行って今までと同じ環境でやるか、それともヨーロッパに行くか。それでヨーロッパで3年間やって、北京五輪が終わると、今度は大学に行かないといけない。日本の大学に行くか、スロバキアの大学に行くか。そういう中でいくつも選択の機会はありました」

 そう言って、重たい言葉をサラリと口にする。「その節目ごとに選択する時、どちらに行くべきか、本人は分かっていると思うんですよね」と。

「選択すべき道に、しっかりと目を向けられるか。自分のためになる選択がどちらかは本当は心の底で分かっている。分かっているのに、選べない人がやっぱりいる。耳が痛い、目が痛いことこそ、自分のためになることだと僕は思います。そういう時、できるだけ自分の心に目を向けて、耳を傾けて、自分には何が必要かを見極める。そうやってスロバキアも大学行きも決めました」

 きっと、この道が正しい。なんとなく、そんな予感がする。でも、周りは反対する。そもそも前例がない。厳しい未来が想像できる。そんな理由で、躊躇してしまい、足を一歩踏み出せない。あるいは、もう一つの道を選んでしまう。多くの人がそうやって悩み、踏ん切りがつけられない。

 しかし、羽根田は「自分はそういう厳しい道を選択した方が、結局、気持ちが楽なんです」と言い切る。

「優しい道に行くと、心の中に後ろめたさ、くすぶっている感じが絶対ある。でも厳しい道は踏ん張れば、それだけ毎日に充実感があるし、何か達成した時に涙が出るくらい嬉しい。それが人生の喜びだと思います。人間は自己を鍛えてナンボかな、と。自分を甘やかして幸せはきっとないんじゃないか。時には慰め、逃げ道を作ることも当然大事。ただ、少し厳しい言い方ですが、自分を鍛えることからは逃げられないと、僕は生きてきました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集