[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 進路選択
  • 「チームのために、では圧倒的に足りない」 川口能活がスーパーセーブを呼べる理由

「チームのために、では圧倒的に足りない」 川口能活がスーパーセーブを呼べる理由

自身のサッカー人生を綴った著書「壁を超える」を上梓した元日本代表GK川口能活(SC相模原)。19日のJ3・FC東京U-23戦でリーグ通算500試合出場を達成するなど、42歳にして今なお、ピッチに立ち続ける希代の名GKはいかにして、現在の地位まで上り詰めたのか。全4回にわたり探る連載。最終回はプロ選手として長く現役を続けるパワーの源について語る。

【連載最終回】「僕は完全にサッカーに取りつかれている」―42歳、今なお現役の原動力とは

 自身のサッカー人生を綴った著書「壁を超える」を上梓した元日本代表GK川口能活(SC相模原)。19日のJ3・FC東京U-23戦でリーグ通算500試合出場を達成するなど、42歳にして今なお、ピッチに立ち続ける希代の名GKはいかにして、現在の地位まで上り詰めたのか。全4回にわたり探る連載。最終回はプロ選手として長く現役を続けるパワーの源について語る。

 高校卒業後、横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に入団し、現在、J3のSC相模原で24シーズン目を戦う川口。プロとして長くプレーするために必要のことは何か?

 その問いに「情熱、自己管理、結果を残すこと。そして、サッカーを始めた原点に返ること」と答える。

「プロである以上、日々のトレーニングから真摯に取り組み、100%の力を尽くす。そして、どんな状況でもグラウンドの上では弱みを見せない。これらを継続しているからこそチームは僕と契約し、試合に足を運んでくれるファンの方々もいると思っています。

 プロ選手としてプレーするのは、当然、楽しいことばかりではありません。パフォーマンスが悪ければ試合に出られないし、失点すれば責任を問われる。でも苦しいときこそ初心を思い出すことが大切。僕はサッカーを好きで始めたし、楽しいから今も続けている。その純粋な気持ちがあるかないかで、練習の取り組み方から変わるんです」

「スーパーセーブ」――。川口の活躍を評するとき、過去に幾度となく登場した言葉だ。彼の「スーパーセーブ」につながる強さは、どこから来るのか。

1 2 3

長島恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビュー、健康・ダイエット・トレーニング・ヨガを軸に雑誌、WEBでの執筆や、ムック、単行本を企画・制作。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー