[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 進路選択
  • 最年長2000本安打はいかにして生まれたのか 「職人技」磨き続けた男の原点

最年長2000本安打はいかにして生まれたのか 「職人技」磨き続けた男の原点

上達に年齢は関係ない。42歳11か月、史上最年長での2000本安打達成者となった和田一浩が現役時代に、それを証明している。

20160805_wada

大森大祐●写真 photo by Daisuke Ohmori

打撃の奥深さにのめりこんだ現役時代、和田一浩が振り返る遅咲きの裏側

 上達に年齢は関係ない。

 42歳11か月、史上最年長での2000本安打達成者となった和田一浩が現役時代に、それを証明している。彼のバッティングは、「職人技」と呼ぶにふさわしかった。バットコントロールに長け、弱点が少ない。そして彼は「職人気質」でもあった。

「年齢を重ねてからのほうが野球にすべてを注ぎ込むという感覚が出てきましたよね。すべてを投げうってやらなきゃいけないという気持ちでした」

 若い時の苦労は買ってでもせよ、という言葉がある。だが和田の場合はちょっと違う。一定の地位を築いてきた打者であればこそ自分のフォームを変えるには勇気がいるものだが、彼はその苦労を買ってでている。

 中日ドラゴンズ時代、落合博満監督のもとで打撃フォームの改造に何度か取り組んできた。迷いからそうしたわけではない。自分のバッティングレベルを向上させようという純粋な思いゆえ、である。ベテランの域に入っていけばいくほど、彼はバッティングの奥深さにのめりこんでいった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー