[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【進路選択の裏側】文武両道の秘訣は…スポーツと学業両立させた名ラガーマンの決断

目標を持つと、人は頑張れる。ラグビーワールドカップ2015で旋風を巻き起こしたエディー・ジャパンの廣瀬俊朗は高校受験でその「成功体験」を得ることができた。

20160806_hirose2

近藤俊哉●写真 photo by Toshiya Kondo

スポーツと学業両立させた元ラグビー日本代表主将の決断

 目標を持つと、人は頑張れる。

 ラグビーワールドカップ2015で旋風を巻き起こしたエディー・ジャパンの廣瀬俊朗は高校受験でその「成功体験」を得ることができた。

 廣瀬が進学したのは、大阪有数の公立進学校として知られる北野高校。しかし中学に入った当初はラグビーに熱を入れる一方で勉強に頑張るタイプではなかったという。

「中1のときは正直、あまり勉強ができなかったですね。北野高はおじいちゃんの出身校で、周りの友達が北野高への進学を目指していたんです。それを見ていて『かっこいいな』と思えてきて、僕も北野高に行きたい、北野高でラグビーをしたいと目標を立てました」

 一度決めると、あとは目標に向かって突き進むのみ。

 朝6時に起きて勉強、通学の電車で勉強、授業で集中、部活が終わってまた勉強……。ラグビーの練習がない休日には1日10時間も勉強したという。

「中3の途中まで(北野高に)行けるかどうかの確率は半分ぐらいでした。でも最後は100%大丈夫ってところまで持っていくことができた。自分が決めたことなんで、貫くことができたのかなって思います」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集