[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「see」から「do」へ― 小塚崇彦、28歳が描くフィギュア界の“幸せな未来”

「see」から「do」へ― 小塚崇彦、28歳が描くフィギュア界の“幸せな未来”

かつてフィギュアスケート界を華やかに彩り、五輪の舞台も踏んだ元トップスケーターが今、フィギュア界の未来のために汗を流している。小塚崇彦さん。男子の高橋大輔、織田信成、女子の安藤美姫、浅田真央らとともに、長らく日本スケート界を支えた一人だ。

元バンクーバー五輪の小塚さんの現在地、フィギュアの普及・育成に汗を流す理由

 かつてフィギュアスケート界を華やかに彩り、五輪の舞台も踏んだ元トップスケーターが今、フィギュア界の未来のために汗を流している。小塚崇彦さん。男子の高橋大輔、織田信成、女子の安藤美姫、浅田真央らとともに、長らく日本スケート界を支えた一人だ。

 そんな28歳は今、フィギュアの普及・育成に力を注ぎ、ほかのスポーツ界とも積極的に交流を図っている。フィギュア界のオフシーズンにはアイスショーに出演。多忙な日々を送りながら、力を注ぐ理由は何なのか。

「フィギュアスケートというと、観るスポーツとしては確立されてきたと思っています。たくさんの方がリンクに足を運んでくださり、テレビ、新聞、携帯、あらゆるところから情報を得て興味を持ってもらっている。ただ、フィギュアを実際にやるとなると、かなり難しい状況にあるんじゃないかと感じています」

 そう語った小塚さん。15年12月に引退後、スケート教室のほか、さまざまなイベントに出演し、フィギュアの楽しさを伝えようと奮闘している。

「『see sports』(観るスポーツ)から『do sports』(やるスポーツ)へと僕は言っています。そういうところから、普及活動を進めていけたらいいと思っています」

1 2 3 4

小塚崇彦

 1989年2月27日、愛知県生まれ。28歳。中京大中京―中京大―中京大大学院―トヨタ自動車で活躍。06年の世界ジュニア選手権、10年の全日本選手権優勝。同年のバンクーバー五輪8位入賞。15年12月の全日本選手権を最後に引退。

 引退後はトヨタ自動車の強化運動部に所属し、スポーツの普及・発展に尽力するほか、アイスショーにも出演。現役時代と変わらない美しいスケーティングで人気を博している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー