[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥は「完璧主義者」 初歩的ミスも…米デビューで示した“モンスターの哲学”

井上尚弥は「完璧主義者」 初歩的ミスも…米デビューで示した“モンスターの哲学”

ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に対し、6回TKOで衝撃の米デビューを飾った。世界に「ナオヤ・イノウエ」の名前を知らしめた一戦では「モンスター」と呼ばれる24歳のある哲学が際立っていた。米メディアが脚光を当てている。

圧勝劇で井上が残したもの…米メディア脚光「ニエベスを叩きのめしたのに…」

 ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に対し、6回TKOで衝撃の米デビューを飾った。世界に「ナオヤ・イノウエ」の名前を知らしめた一戦では「モンスター」と呼ばれる24歳のある哲学が際立っていた。米メディアが脚光を当てている。

 日本の王者が世界を震撼させた衝撃の米デビュー戦。結果は6回終了時点でニエベスの棄権によるTKO勝ちたったが、井上の凄さを感じさせたのは試合後のコメントである。

 米ボクシング専門サイト「Boxing Sense.com」によると、こう語っている。

「最高に気持ちいい勝利ではなかった。でも、次の一戦に向け、この試合を土台として学んでいくつもり。彼は試合を通して回避し続けていたから、僕にできることはそれほど多くはなかった」

 実際、井上にとって“消化不良”というべき場面があった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー