[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織ら欠場 ナダルの全米OPは史上最も簡単な優勝? 「故障者の恩恵あずかった」の声

錦織ら欠場 ナダルの全米OPは史上最も簡単な優勝? 「故障者の恩恵あずかった」の声

テニスの男子シングルス世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)は全米オープンで自身16度目のグランドスラム優勝を果たした。だが、スペインの帝王の偉業には世界14位の錦織圭(日清食品)らトップ選手の実力者不在の影響から「史上最も簡単な優勝」という声も上がっている。

トップ11選手が5人欠場、トップ25以内と対戦せず…米メディアが“物言い”

 テニスの男子シングルス世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)は全米オープンで自身16度目のグランドスラム優勝を果たした。だが、スペインの帝王の偉業には世界14位の錦織圭(日清食品)らトップ選手の実力者不在の影響から「史上最も簡単な優勝」という声も上がっている。

 決勝でケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6−3、6−3、6−4のストレートで下したナダル。自身10度目の優勝を果たした全仏オープンに続く、今季2度目のグランドスラム優勝を果たした。31歳の偉業は称賛されてしかるべきだが、その道のりには海外メディアから“物言い”がついている。

「FOXスポーツ」電子版は「ナダルの全米オープン優勝はグランドスラム史上最も簡単なものだったか?」と特集。ナダルのニューヨークでの頂点までの道のりは、ランキング下位の相手が多かったことを紹介している。

 対戦当時の世界ランキングで、1回戦は85位のドゥシャン・ラヨビッチ(セルビア)、2回戦は121位のダニエル太郎(日本)、3回戦は59位のレオナルド・マイエル(アルゼンチン)、4回戦は64位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)、準々決勝の53位のアンドリー・ルブリョフ(ロシア)、準決勝は28位のフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)だった。

 アンダーソンも準優勝でランキングを15位まで上げたが、大会中は32位。2009年全米オープン覇者のデルポトロの28位が最上位で、トップ25以内の相手とプレーすることはなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー