[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 水泳になくてラグビーにあるもの 伊藤華英はなぜ“ラグビー女子”になったのか

水泳になくてラグビーにあるもの 伊藤華英はなぜ“ラグビー女子”になったのか

いよいよトップリーグが開幕し、本格的にシーズンが到来したラグビー界。15年に初の大会3勝を挙げ、空前の盛り上がりを見せたワールドカップ(W杯)は19年に自国開催を控え、さらに熱気は高まりを見せている。そんな15人の熱いスポーツに魅了された元五輪選手の女性がいる。伊藤華英さん。北京五輪、ロンドン五輪に出場した競泳の元日本代表選手である。

年20試合以上観戦の“ラグビー女子”…個人競技の元スイマーだから感じる魅力とは?

 いよいよトップリーグが開幕し、本格的にシーズンが到来したラグビー界。15年に初の大会3勝を挙げ、空前の盛り上がりを見せたワールドカップ(W杯)は19年に自国開催を控え、さらに熱気は高まりを見せている。

 そんな15人の熱いスポーツに魅了された元五輪選手の女性がいる。伊藤華英さん。北京五輪、ロンドン五輪に出場した競泳の元日本代表選手である。可憐な名スイマーと屈強なラグビー。意外な組み合わせに思えるが、「多い時には年間20試合以上、観戦に行きます」という筋金入りの“ラグビー女子”だ。

 果たして、彼女を魅了する理由は、何なのだろうか――。

「ラグビーは多様性のスポーツ。ポジションごとに役割も体格も違う。自分が前に出ないでパスをつないでいかないと、トライを奪うことができない。人間的に魅力的な選手も数多くいます」

 時を遡ること、1か月半前。伊藤さんは6月24日、日本代表のアイルランド戦(味の素スタジアム)の客席にいた。熱戦が繰り広げられた舞台で、ラグビーの魅力について語り始めた。

 興味を持ったのは現役時代。故障したことがきっかけとなった。

「2009年のリハビリ中にラグビー選手と知り合ったんです。三洋電機(現・パナソニック)にいたスクラムハーフ、茂木大輔選手。それまでラグビーに興味はなかったんですが、試合に誘ってもらって、初めて観戦に行きました」

 その時の感想は「ぶつかり合う音が凄い」「痛そう」など、初めてラグビー観戦したファンが誰もが思うであろうものだった。しかし、個人競技の競泳の世界を生き抜いてきたから感じる、おもしろみがあったという。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー