[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • サニブラウンのつまずきはなぜ起きた? 専門家が指摘する海外コーチの「積極修正」

サニブラウンのつまずきはなぜ起きた? 専門家が指摘する海外コーチの「積極修正」

陸上の世界選手権(ロンドン)は5日、男子100メートル準決勝でサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が10秒28の2組7着で日本勢初の決勝進出はならず。スタート直後につまずき、大きくバランスを崩したことが響いた。本人が「やらかしてしまった」という痛恨のミスは、なぜ起きたのか――。専門家は18歳の飽くなき挑戦心とともに、海外コーチの「積極修正」を指摘した。

男子100m準決、スタート直後にミス…18歳の飽くなき挑戦心が招いた「やらかし」

 陸上の世界選手権(ロンドン)は5日、男子100メートル準決勝でサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が10秒28の2組7着で日本勢初の決勝進出はならず。スタート直後につまずき、大きくバランスを崩したことが響いた。本人が「やらかしてしまった」という痛恨のミスは、なぜ起きたのか――。専門家は18歳の飽くなき挑戦心とともに、海外コーチの「積極修正」を指摘した。

「普通に走っていれば、決勝には行けたのではないでしょうか」

 こう話したのは、アテネ五輪の1600メートルリレー代表の伊藤友広氏だ。ランニング指導のプロ組織「0.01」を主催する同氏は、つまずきが起こった原因について分析する。

「スタートの上半身が突っ込み、角度がキツくなりすぎてしまった。本人は『足が出てこなかった』というコメントを残していますが、練習でもあんなミスはなかったと思います。彼の場合、例えば、多田選手や山縣選手と比べ、スタートで飛び出した時の体の角度が起き上がる傾向にある。それを修正しようと試みたのだと思いますが、普通は体が足をついた時に一直線になるものが、腰から上だけ折るような形になってしまった」

 大一番で起こってしまった痛恨のミス。結果論でいえば、決勝をかけた場面で修正を加えることはリスクが高かったようだ。

「予選の走りはすごく良かった。ラストも余裕があったし、スタートも上手に出ていた。本番での技術の修正は非常に難しいものですし、ここまでの事前準備が全てとも言えます。準決勝に臨む上で修正の必要はなかったかもしれないし、(決勝まで)3本いつも通りにやるくらいでやることが必要だったように感じます」

 こう話す一方で、将来的に世界記録を目指す18歳の進化を求める挑戦心が遠因になった可能性も指摘。「反対に言えば、彼自身がそれだけ高みを目指しているからこそだったかもしれません」とも語った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー