[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 萩野VS瀬戸の行方は? 競泳選手にとって「最強ライバル」の存在がもたらすもの

萩野VS瀬戸の行方は? 競泳選手にとって「最強ライバル」の存在がもたらすもの

水泳の世界選手権(ブダペスト)は23日から競泳が開幕した。日本競泳界にとって注目の一つが、世界の大舞台で繰り広げられる萩野公介VS瀬戸大也のマッチレースだ。果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか。北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英氏も2人に注目している。

【短期連載最終回】元五輪代表・伊藤華英さんが実体験で語る「競泳ライバル論」

 水泳の世界選手権(ブダペスト)は23日から競泳が開幕した。日本競泳界にとって注目の一つが、世界の大舞台で繰り広げられる萩野公介VS瀬戸大也のマッチレースだ。昨年のリオデジャネイロ五輪では、400メートル個人メドレーで萩野が金メダルを獲得。後塵を拝した瀬戸が銅メダルに終わった。

 果たして、今回はどんな戦いが繰り広げられるのか。北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英氏も2人に注目している。

「萩野選手も最近、気合が入ってきたかな。瀬戸選手に関しては、五輪で萩野選手が金を取って銅でチャレンジ精神が芽生えた印象。本当は銅でうれしいけど、日本人で上がいるから、大きな刺激になっていると思います」

 リオ五輪では萩野が金メダル、瀬戸が銅メダルに終わった。あれから1年――。萩野は右肘の手術を経て、復活を目指してきた。一方、瀬戸は進化を目指し、多くのレースに出場している。歩んできた道は対照的だ。

「萩野選手は手術して、瀬戸選手はずっと試合に出ている。それがどう出るか。瀬戸選手は疲れが取れたら、もしかしたらいい結果が出るかなという印象です」

 そもそも、競泳選手にとって「ライバル」とはいったい、どんな存在なのだろうか。現役時代、背泳ぎで寺川綾という強力なライバルと世界大会でもしのぎを削ってきた伊藤氏は「認めざるを得ないものです」と言い、実体験をもとに話す。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー