[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ファン衝撃 175cm元NBA選手の“背中転がしドリブル”に感嘆の嵐「オーマイガー」

かつて、身長175センチながらNBAスラムダンクコンテストで史上最多となる3度の優勝を記録した“小さな巨人”が、トリッキーなボールさばきで観衆を魅了した。本人自ら公式インスタグラムでその模様を収めた動画を紹介。相手選手の背中でボールを転がして抜き去る曲芸に、ファンは「オーマイガー」「最高だよ」と衝撃を受けている。

ロビンソンがエキシビションで相手の背中を使ったトリッキーな技を披露

 かつて、身長175センチながらNBAスラムダンクコンテストで史上最多となる3度の優勝を記録した“小さな巨人”が、トリッキーなボールさばきで観衆を魅了した。本人自ら公式インスタグラムでその模様を収めた動画を紹介。相手選手の背中でボールを転がして抜き去る曲芸に、ファンは「オーマイガー」「最高だよ」と衝撃を受けている。

 ストリートボーラー顔負けの超絶テクニックがフォーカスされたのは、アメリカ出身の元NBA選手、ネイト・ロビンソンだ。

 22日にカナダのバンクーバーで行われたプロアマ混合のエキシビションマッチ、会場となったフレーザーバレー大学の体育館が沸いたのは、33歳のロビンソンがボールを持ったシーンだった。

 コート左側で踊るようにドリブルをし始めたロビンソンは、体の前でボールを左右に動かして間合いを取ると、前方に向かってジャンプ。自身よりも大きい相手の背中でボールを転がして抜け出し、そのまま間髪入れずにそのまま後方に下がりながらシュートを放った。大きな弧を描いたボールはリングへと吸い込まれるとともに、ファウルを誘い、鮮やかな3点プレーを完成させた。

 会場に駆け付けたファンも、あまりの一瞬の出来事に興奮。試合中にもかかわらずロビンソンを囲み、笑顔と拍手でスーパープレーを称えた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集