[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ファン衝撃 175cm元NBA選手の“背中転がしドリブル”に感嘆の嵐「オーマイガー」

今年3月には、221cmの大男の股の間をくぐり抜ける大技で度肝を抜く

 ロビンソンは今年3月、NBA傘下のDリーグ(新シーズンよりGリーグに名称変更)所属のデラウェア・87ersでプレーしていた際にも、ドリブルで身長221センチの大男の股の間をくぐり抜ける大技を決め、バスケットボールファンの度肝を抜いている。

 身長175センチの体で抜群の跳躍力を発揮し、2006年、09年、10年とNBAスラムダンクコンテストで3度の優勝を経験しているが、近年は巧みなボールハンドリングや創造性が光るプレーも披露。この試合でも、自分の股の間にボールを通す「レッグスルー」や、ボールを背中の後ろに回して方向転換する「ビハインド・ザ・バック」、敵の股にボールを通す「股抜きドリブル」で存在感を示した。

 ロビンソンは試合後に自身のインスタグラムを更新し、「年寄りが新しい技を覚えることはできないなんて誰が言えるんだ? 昨夜のバンクーバーは楽しかったよ」と冗談交じりに投稿。動画付きで試合の模様を紹介すると、ファンからは続々と称賛のコメントが寄せられた。

「オーマイガー」

「すごく格好いい」

「最高だよネイト!!!」

「NBAで(このプレーを)やってくれ」

「NBAがこの男と契約してくれないかな。どんなチームにも在籍できるよ。半分以上の選手よりは素晴らしい」

 米バスケットボール総合サイト「Ball Don’t Stop」は、「オーマイガー!! ネイト・ロビンソンがプロアマ混合ゲームで最高のショーを演じる」と見出しを立て、「ブリティッシュコロンビア州のファンは、彼がなぜNBAのチームと契約に至っていないのか不思議に思っていた」と37得点、6リバウンド、7アシストの大活躍を称えた。

 果たして、来たる新シーズン、ロビンソンは再びNBAの舞台に舞い戻ることができるだろうか。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集