[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

萩野VS瀬戸の行方は? 競泳選手にとって「最強ライバル」の存在がもたらすもの

「今回は瀬戸が勝った方がおもしろい。それが萩野のためにもなる」…その理由とは?

 萩野にとっては、いかに第3泳法の平泳ぎでリードしているか。逆に瀬戸にとっては平泳ぎで差がなく来られれば、得意の自由形で勝利が見えてくるという。

 20年東京五輪でも金メダルを狙える2人。ライバル関係を考えれば、伊藤氏は「今回は瀬戸選手が勝った方がおもしろい」と言い、瀬戸優位とみている。

「それが、萩野選手のためにもなる。3年後を考えると、今、負けておいてもいいんじゃないかと思います。瀬戸選手が今回に関しては勝ってしまうかもしれない。そこを実績のある萩野選手が根性で凌げるか。注目したいです」

 日本競泳界最強のライバル関係にある2人。果たして、東京五輪を目指した若きスイマーの熱い戦いは、どんな結末を迎えるのか。目が離せそうにない。

◇伊藤 華英(いとう・はなえ)

 2008年女子100m背泳ぎ日本記録を樹立し、初出場した北京五輪で8位入賞。翌年、怪我のため2009年に自由形に転向。世界選手権、アジア大会でメダルを獲得し、2012年ロンドン五輪に自由形で出場。同年10月の岐阜国体を最後に現役を退いた。引退後、ピラティスの資格取得。また、スポーツ界の環境保全を啓発・実践する「JOCオリンピック・ムーヴメントアンバサダー」としても活動中。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

1 2 3
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集