[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥がスコットランドで起こした衝撃 その時、現地ファンはビールをこぼした

現地のファンも大興奮、勝利の瞬間には思わず握手を

“もうダメだ”の合図なのか、陣営からのタオル投入を阻止するサインなのか、真相は分からない。だが、2ラウンドでこんなにもはっきりと表情を曇らせるシーンは見たことがない。それも無敗の王者で、井上の最大のライバルと言われた男の姿なのだから、信じられないようなシーンだ。それでも立ち上がりファイティングポーズを取った意地は称賛したいが、もうやめた方がいいよとも素直に思った。

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 KOタイムは2回1分19秒。すごいものを見た。グラスゴーまで来て良かった。前回のパヤノ相手の70秒KOも衝撃だったが、それ以上だ。前回は「え、もう終わったの!?」というのが率直な感想だったが、この試合はロドリゲスの強さも見えた上で、3度もダウンを奪っての勝利。強いのは知っていたけれど、こんなにも……。

 会場も文字通り衝撃を受けた様子だ。「ヨッシャー」と叫ぶ井上の姿に、現地ファンも総立ちで喝采を上げていた。隣の席のおじさんは興奮のあまり、ビールを私のズボンにこぼしていたが、そんなことはどうでもいいだろとばかりに握手を求められた。「アメージングだ! オレの言った通りだろ!」って多分、言っていた。私も興奮していたので、あんまり覚えていないけど。

 こんなボクサーがリアルタイムで見られる時代に生きていて幸せだ。大げさではなくそう思った。試合後の囲み取材で、井上は笑いながらこう振り返っている。

「吹っ切れた感はありますね。今日の喜びも、重圧から解放されたような、自分の中では喜びも爆発しましたし。期待に応えられたというか。皆さんがプレッシャーかけてくださるので(笑)」

 計り知れない重圧を乗り越えて、結果を出した王者に心からの拍手を送りたい。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集