[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ゴロフキン超えリング誌PFP5傑決定的 編集長絶賛「私の中ではトップ3だ」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下し、新たにIBF王座を獲得して2団体王者となったWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。「ボクシングの聖書」と呼ばれる米専門誌「リング」の編集長は、海外で沸騰中のモンスターのパウンド・フォー・パウンド(PFP)最強説について「おそらくそうだ」と分析。評議会では「1位に相応しい」と主張するメンバーもいることを明かしている。

WBSSバンタム級決勝進出を決めた井上尚弥(左)【写真:Getty Images】
WBSSバンタム級決勝進出を決めた井上尚弥(左)【写真:Getty Images】

リング誌フィッシャー編集長が「PFP最強論」に回答「おそらくそうだ」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下し、新たにIBF王座を獲得して2団体王者となったWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。「ボクシングの聖書」と呼ばれる米専門誌「リング」の編集長は、海外で沸騰中のモンスターのパウンド・フォー・パウンド(PFP)最強説について「おそらくそうだ」と分析。評議会では「1位に相応しい」と主張するメンバーもいることを明かしている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 無敗王者同士の一戦で、圧巻の259秒KO勝利で世界にインパクトを与えた井上。海外のファン、ファイターからも「PFP最強」という声が上がる中、まさにPFPを選定するリング誌のダグ・フィッシャー編集長はQ&A企画で「イノウエは現在最高のPFPファイターなのか?」という質問を受けた。そして、その可能性を否定しなかった。

「おそらくそうだ。彼は間違いなく私の中ではトップ3にいる。少なくともトップ5にはなるだろう!」

 フィッシャー編集長はこのように返答した。井上はリング誌選定のPFPは現在7位に位置しているが、今回の結果を受け、最強格付けを駆け上がる可能性を示している。そして、ボクシング界の識者が集まる格付け評議会でも“モンスター最強説”は浮上したという。フィッシャー編集長はこのように続け、興味深い話をしている。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集