[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「まだ若い」 ドネアが試合後に明かした印象「多くのことは言えないが…」

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。

TKO勝ちを飾った井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】
TKO勝ちを飾った井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】

井上戦を観戦後に言及、「この階級で、彼は非常に素晴らしく見える」と実力認める

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。2回1分19秒でTKO勝ちを飾り、WBA王座は2度目の防衛に成功。決勝で対戦が決まった5階級制覇王者で現WBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)は試合後、井上について「この階級で、彼は非常に素晴らしく見える」と実力を認め、印象を語った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 リングサイドから259秒の衝撃KOを見守ったドネア。試合後はリングに上がり、井上と抱擁を交わし、笑顔でフェイスオフに立った。果たして、その目に井上はどう映っていたのか。

 試合後に取材に応じたドネアは「若いファイターだが、素晴らしいファイターだ」と語っていた。「私たちは決勝に誰が行くか、誰と戦いたいかということを聞かれていた。彼はいつも、私が決勝に行くと思っていた。そして、私は決勝にたどり着き、彼も決勝に進んだ。我々はベストな戦いをするつもりだ」と明かし、互いにとっての念願が叶ったことを喜んだ。

 井上については「彼はまだ若い。だから多くのことは言えないが、この階級で、彼は非常に素晴らしく見える。しかし、彼はまだ若い。彼にはまだ多くの余地がある」と実力を認め、印象を明かした。一方で「リングに上がると、私は常に誰よりも優れていると感じている。これが私のハート、戦士のハート、戦士のようなパーソナリティだ」と自信も見せていた。

 決勝の開催地は「関係ない」と、どこであっても全力の戦いを誓ったドネア。36歳の5階級制覇王者は日本が誇るモンスターの挑戦をどう受け止めるのか。今から決勝が待ち遠しい。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集