[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“控えGK”のメンタル術 元日本代表が語る心構えとチームにもたらす影響

20160604_doi2

3人の“小さな集団”だからこその緊張感

「自分は第3GKなんだ、という気持ちは持っていなかったですね。負けたくないという姿勢を出すことが、結果的にチーム全体に対しても好影響を及ぼすんです。シュート練習一つをとっても、僕が簡単にゴールを入れられているようでは、他のふたりが『コイツにはポジションを奪われないよな』という気持ちになってしまいかねない。もし試合に出られないとしても、自分自身が常に100%のプレーを見せることで、ナラや能活もより一層集中してトレーニングに取り組むことになりますからね」

 代表に招集されたからにはレギュラーを目指す。もし自らを控えと位置づけてしまえば、自身のプレーパフォーマンスだけでなく、3人の関係性にも問題が生じてしまうという考えを強調していた。

 GKはチーム練習で、GKだけでトレーニングを行う時間やメニューが多い。“小さな集団”だからこそ、お互いが切磋琢磨し合う姿はダイレクトに伝わり、組織に緊張感や向上心をもたらすという。

「もちろんトレーニングでは常にアピールをしていなければ、試合に出るチャンスは巡ってきません。それを日々積み上げて、いつチャンスが来てもいいように準備しておかなければならない。もし正GKにアクシデントがあって出番が回ってきた場合、その数少ないチャンスで正GKよりも優れた部分、そして自分の100%以上の力を出さなければ、再び控えに甘んじてしまう可能性は高いですから」

1 2 3 4

土肥 洋一

東京ヴェルディ トップチームGKコーチ

日本サッカー協会公認A級コーチジェネラルライセンス取得

1973年7月25日、熊本県熊本市出身。
熊本県立大津高校卒業後、1992年にJFL日立製作所サッカー部(現J1柏レイソル)と契約。
2000年FC東京に移籍し、開幕戦より216試合フルタイム出場を果たす(当時のJリーグ記録)。
04年にはナビスコ杯MVP、Jリーグベストイレブンを受賞。
2008年東京ヴェルディ1969に移籍。2012年の現役引退後は、ヴェルディ育成GKコーチに就任。2014年9月よりヴェルディトップチームのGKコーチを務めている。
J1通算341試合出場、J2通算97試合に出場、Jリーグ功労選手賞も受賞している。
日本代表として国際Aマッチ4試合に出場。2006年ドイツW杯メンバー。

プロトレーナー木場克己氏とともに東京都国分寺市内で、アスリートらのコンディション調整、治療、指導などを行う「株式会社アスリートウェーブ」を経営している。

URL:http://athlete-wave.com/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集