[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

内村航平が「最強5人」の自負も…12年ぶり五輪団体金へ懸念材料とは

12年ぶりの五輪団体金メダルを目指す体操の男子代表5人が、今月4~5日の全日本種目別選手権後に出そろった。

代表が出そろった体操男子

 12年ぶりの五輪団体金メダルを目指す体操の男子代表5人が、今月4~5日の全日本種目別選手権後に出そろった。

 絶対エース内村航平(コナミスポーツ)、6種目に優れる加藤凌平(同)を軸に、床のひねり王子こと白井健三(日体大)、鉄棒や平行棒に自信を持つ田中佑典(コナミスポーツ)、つり輪の得点源となる山室光史(同)が名を連ねた。内村が「世界一の日本の最強の5人」と自負する強力布陣だが、懸念材料も1つ発生した。

 昨年秋に英国・グラスゴーで開かれた世界選手権で、日本男子は37年ぶりに団体を制した。現状、リオでも金メダル候補筆頭だが、6種目のうちあん馬だけは弱点種目になってしまった。世界選手権メンバーは1か国6人だったが、五輪は5人に減少。割を食う形で、世界選手権種目別あん馬銅メダリストの萱和磨(順大)が落選。スペシャリスト不在のまま、リオへ臨むことになってしまった。

 落下があるあん馬は、6種目の中でも各国間で差がつきやすい種目。金メダルを争う上で最大のライバルとなる宿敵・中国が得意にしており、低迷すれば思わぬ大差をつけられる恐れもある。日本は内村、白井、加藤が得意な床運動や跳馬、内村や田中が得点源の鉄棒などで出来るだけ稼ぎ、点が伸びづらいあん馬やつり輪をカバーするしかない。

 04年アテネ五輪は、「栄光の架け橋」の完璧な着地に象徴されるように、全員が大過失なく演技を通し、世界を制した。Eスコア(出来栄え点)を磨き、弱点を補って余りある5種目で再びの頂点を目指す。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The AnswerDAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集