[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「神様、あれはなんだったの?」 ラモスとW杯予選、終わりなき“ドーハの悲劇”

「死ぬ前に神様に聞いてみたいよ。あれはなんだったの?」――ラモス瑠偉  日本代表は13日に中立地イランでロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦に臨む。1998年フランスW杯から6大会連続となる本戦出場に向けて、残り3試合。全10試合で争われる最終予選は佳境を迎えようとしているが、日本にとってイラクは、土壇場でW杯初出場を阻まれた苦い記憶のある相手だ。93年10月28日、いわゆる「ドーハの悲劇」である。

13日にW杯最終予選、ラモスの胸を締め付ける24年前のイラク戦の“苦い記憶”

「死ぬ前に神様に聞いてみたいよ。あれはなんだったの?」――ラモス瑠偉

 日本代表は13日に中立地イランでロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦に臨む。1998年フランスW杯から6大会連続となる本戦出場に向けて、残り3試合。全10試合で争われる最終予選は佳境を迎えようとしているが、日本にとってイラクは、土壇場でW杯初出場を阻まれた苦い記憶のある相手だ。93年10月28日、いわゆる「ドーハの悲劇」である。

 94年アメリカW杯アジア最終予選は、カタールの首都ドーハに6か国が集まり、各国総当たりで争われた。前年のアジアカップを制した日本では、W杯初出場への期待が高まっており、実際に日本の“10番”をつけたラモスも自信に満ちていた。

「どこかに引き分けることはあるかもしれない。でも負けることはない。絶対にW杯へ行ける」

 だが、各国の初戦を見て、ラモスは胸騒ぎを覚えた。

「イラクが強い。しかも半端ない……」

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集