[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

将来のなでしこジャパンを背負うのはこの7選手だ 次世代エース候補から14歳の逸材も

「第22回全日本U-18 女子サッカー選手権大会 JOC ジュニアオリンピックカップ」が1月3日(木)から7日(月) J-GREEN堺(大阪)で開催され、元日の皇后杯で2連覇を達成した“姉”“日テレ・ベレーザに続き、“妹”日テレ・メニーナが4年ぶりに女王の座に返り咲いた。

日テレ・メニーナが4年ぶりに優勝【写真:山田智子】
日テレ・メニーナが4年ぶりに優勝【写真:山田智子】

18歳以下クラブNO1決定戦で輝いた7選手を紹介

「第22回全日本U-18 女子サッカー選手権大会 JOC ジュニアオリンピックカップ」が1月3日(木)から7日(月) J-GREEN堺(大阪)で開催され、元日の皇后杯で2連覇を達成した“姉”“日テレ・ベレーザに続き、“妹”日テレ・メニーナが4年ぶりに女王の座に返り咲いた。

 18歳以下の女子クラブチーム日本一を決する同大会は、なでしこの蕾たちの“登竜門”として、これまで数多くの日本代表選手を輩出してきた。現在、なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)で活躍する長谷川唯、清水梨紗、籾木結花(ともに日テレ・ベレーザ)は日テレ・メニーナが大会5連覇(2010-2014年)を達成した黄金世代のメンバーだ。

 昨年なでしこジャパンに初招集された、長野風花(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ/韓国)と南萌華(浦和レッズレディース)は2年前の20回大会に出場。植木理子(日テレ・ベレーザ)、宝田沙織(セレッソ大阪堺レディース)など、昨年8月に行なわれたU-20女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で世界一に輝いたヤングなでしこ(U-20日本女子代表)21名のうち11選手が同大会を経験して世界の舞台へ羽ばたいていった。

 今年の大会にも、昨年11月のFIFAU-17女子W杯ウルグアイ2018でベスト8入りしたリトルなでしこ(U-17日本女子代表)が多く出場し、クオリティーの高い戦いを繰り広げた。その中からひときわ輝きを放った、なでしこのネクストジェネレーション7選手を紹介したい。

1 2 3

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集