[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

未来のなでしこを背負うのはこの7選手だ 次世代エース候補から14歳の逸材も

セレッソ大阪堺ガールの百濃実結香【写真:山田智子】
セレッソ大阪堺ガールの百濃実結香【写真:山田智子】

14歳にして指揮官が絶賛する逸材も

○百濃実結香 モモノ・ミユカ(セレッソ大阪堺ガールズFW22/高1)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 加速力とスピードのあるドリブル突破に加え、前線からの献身的なディフェンスから攻撃の起点を作る。決勝では相手のアンカーからボールを奪取して右足一閃。150cmと小柄ながらパワフルなキックの持ち主。

 中学3年で初めてメンバー入りした昨年は2試合に途中出場したのみだったが、今年はエースとして全試合にスタメン出場して3ゴールをマーク。フィジカル面でもメンタル面でもたくましさが増し、「90分走り切れたし、自信を持って自分から仕掛けることができた」と手応えを口にする。「(メニーナの選手は)パスの精度やボールコントロールが一回り上だった」と2年連続準優勝の悔しさをバネにさらなる成長を誓う。

〇浜野まいか ハマノ・マイカ(セレッソ大阪堺ガールズFW40/中2)

 準決勝のINAC神戸レオンチーナ戦、0-0で迎えた後半から出場すると、持ち前のスピードを生かして攻撃を活性化。先制点を決めてチームを救った。今季なでしこリーグ1部デビューを果たした14歳は、緊迫した場面での起用にも「すごく楽しくサッカーができた」と大物感を漂わせる。高い決定力だけでなく、周りを使う視野の広さも武器。岡本三代監督も「フィジカル的な能力が高く、スピードもあるアスリート感のある選手」と期待を寄せる。

○原海七 ハラ・ミイナ(INAC神戸レオンチーナMF13/高3)

 強気なドリブルで果敢にゴールに向かうアタッカー。U-18日本女子代表候補。3位決定戦の先制弾は「相手DFが疲れていて向かってこなかったので、ひとつかわして決めました」とアグレッシブな姿勢の中にも冷静な状況判断能力を兼ね備える。

 来季はAC長野パルセイロ・レディースへの加入が内定。「上のカテゴリーはプレスが速いので、そこをうまく剥がせるように、細かいところにまで目を向けてプレーできるようになりたい」と今大会で得た自信と課題を胸に次の舞台へ向かう。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2 3

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集