[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

未来のなでしこを背負うのはこの7選手だ 次世代エース候補から14歳の逸材も

日テレ・メニーナの木下桃香【写真:山田智子】
日テレ・メニーナの木下桃香【写真:山田智子】

優勝した日テレ・メニーナの菅野は次世代のエース候補

○菅野奏音 カンノ・オト(日テレ・メニーナMF10/高3)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 名門クラブの10番を背負う次世代エース候補。準優勝した2016年のU-17女子W杯にチーム最年少となる15歳で出場した逸材は、この大会に中学1年生から6年連続で出場。「メニーナとして6年間やってきたことを全部出して優勝したい」と並々ならぬ意気込みで臨んだ。

 4-1-4-1のアンカーポジションを担い、準決勝のノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ戦では、優れた足元の技術と判断力を披露。中央を固めて縦パスを警戒する相手DFの一瞬の隙をつき、DFの間を切り裂く絶妙なスルーパスを通して先制点を演出した。「あれは、お見事でした」と敵将も賛辞を惜しまなかった。

〇木下桃香 キノシタ・モモカ(日テレ・メニーナMF8/高1)

 インサイドハーフでプレーし、菅野、土方麻椰(大山愛笑)とともに傑出した中盤を形成。今大会は4試合で4得点を挙げ、決勝では先制点の起点となるなどプレーメーカーとして攻撃を牽引した。

 162cmとフィジカルにも恵まれる15歳は、2018年のU-17女子W杯に飛び級でメンバー入り。4試合すべてに先発出場し、グループステージ第3戦では先制点を決めてベスト8入りに貢献した。ドリブル、パス、シュート、ボールコントロールとあらゆるスキルを高いレベルで備え、なでしこジャパンの阪口夢穂の後継者候補としての期待も高い。

〇大山愛笑 オオヤマ・アエム(日テレ・メニーナMF18/中2)

 準決勝のノジマ戦でカウンターからのロングシュートで追加点を奪うと、翌日の決勝でも逆転のロングシュートを決めて優勝をたぐり寄せた、今大会のラッキーガール。

 決勝で先制された後は、菅野とポジションを入れ替えてアンカーとしてプレーし、豊富な運動量と的確なポジショニングでバランサーとして菅野と木下の攻撃参加をサポートした。東京ヴェルディジュニア育ちの“生え抜き”選手で、14歳とは思えない落ち着きと大胆さが魅力。

○善積わらい ヨシズミ・ワライ(セレッソ大阪堺ガールズDF17/高1)

 昨年のU-17女子W杯に出場した、スピードを生かした積極的な攻撃参加が光るサイドバック。今季はトップチームのセレッソ大阪堺レディースでレギュラーを獲得。なでしこ1部リーグで“大人”相手に研鑽を積み、1対1の対応力にも磨きをかけた。準決勝で負傷交代し、決勝の舞台に立つことができなかったのが残念だ。

1 2 3

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集