[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今季好調・36歳藤田さいきの秘密 肉体はまだ20歳、父は「ピークはこれから」と断言

今季の国内女子ゴルフツアーでは、30代選手の頑張りが目立つ。9戦を終えて、試合時点で30歳だったサイ・ペイイン、35歳の上田桃子が優勝。前週のパナソニックオープンレディースでも34歳のテレサ・ルーが20歳の西郷真央と最後まで優勝を争った。

藤田さいき【写真:Getty Images】
藤田さいき【写真:Getty Images】

パナソニックオープンレディースではワクチン副反応後「68」

 今季の国内女子ゴルフツアーでは、30代選手の頑張りが目立つ。9戦を終えて、試合時点で30歳だったサイ・ペイイン、35歳の上田桃子が優勝。前週のパナソニックオープンレディースでも34歳のテレサ・ルーが20歳の西郷真央と最後まで優勝を争った。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)は、新型コロナウイルスワクチンの副作用で「フラフラ」になりつつ、回復後に68をマークした。その前週は2位、前々週は6位。11年ぶりとなるツアー6勝目の可能性を高めている。父でコーチの藤田健氏いわく「娘のピークはこれから」。そう言い切れる理由を聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

 ◇ ◇ ◇

 パナソニックオープンレディースから一夜明け、北海道にいた健氏を電話取材した。同大会第2日に68をマークした藤田は「ワクチンの副反応で寝込んでしまって練習ラウンドができませんでした。スコアが出たのは何も考えず、楽しくプレーしているから」と明るく話したが、何か理由があるに違いない。父は言った。

「正直、練ランなしで68は私も驚きました。月曜日にワクチンを打って、火曜日には38.8度の高熱も出たので、私は欠場を勧めたのですが、『感覚を維持するには試合に出続けないと』と言っていました。まあ、根本的な体の強さと普段のトレーニング、練習量があるから対応できたのでしょう。娘にはまだまだ伸び代もありますから」

 藤田は小5で初めてゴルフ場に連れていかれた。佐野日大高ゴルフ部員だった次兄・勇樹(現プロゴルファー)の応援だった。その時、トップアマゴルファーの健氏は、娘の才能を見抜いたという。

「落ちていた木の枝で素振りをさせたら、何も教えていないのにヘッドの走らせ方の基本ができていました。私と一緒にいたプロもビックリして、『えーっ』となりました。すぐにゴルフをやるように勧めたのですが、なかなか娘はその気にはならなくて」

 当時の藤田は陸上、水泳に夢中。結局、中1までは年に1~2度、練習場に行く程度だったが、中2の冬、自身の将来を考えるようになり、「ゴルフをやってみる」と宣言。本格的な練習が始まったという。健氏の見込み通り、藤田はすぐに頭角を現した。

「半年もしないうちに全国中学校ゴルフ選手権の関東予選で74を出しました。私は娘に力試しをさせたくて、内緒でエントリーしたのに、いきなり全国出場を決めました。さすがに驚いて、『おまえ、すごいね』と言ったのを覚えています。ロングホールで2オンが2回ありましたし」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集