[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“ミライモンスター”から五輪出場へ 24歳女子ジャンパーを刺激した高梨沙羅の言葉

北京五輪出場を果たせず、2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪、30年五輪を目指す冬季競技のアスリートは数多くいる。ノルディック・スキージャンプ女子の24歳、渡邉陽(みなみ)もその一人だ。

スキージャンパーの渡邉陽がこれまでの競技人生と五輪を目指す思いを語った
スキージャンパーの渡邉陽がこれまでの競技人生と五輪を目指す思いを語った

ノルディック・スキージャンプの渡邉陽

 北京五輪出場を果たせず、2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪、30年五輪を目指す冬季競技のアスリートは数多くいる。ノルディック・スキージャンプ女子の24歳、渡邉陽(みなみ)もその一人だ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 札幌市に生まれ、幼少期から1学年上の高梨沙羅らと競ってきた。高校時代は2年連続で全国制覇を果たし、国際大会にも出場。しかし、中3で手術を受けた右膝の不調などがあり、20代に入ってからは思うようなジャンプができていない。それでもあきらめず、4月からはプロジャンパーに転身する。自らスポンサーを集め、飛び続ける思いと覚悟を「THE ANSWER」に語った。(取材・文=柳田 通斉)

 渡邉は、北京五輪には解説者として関わった。高梨ら日本代表メンバーをよく知る立場で、フジテレビ系「めざまし8」や地元北海道ローカルのテレビ番組に出演した。だが、あの大舞台で飛ぶことをあきらめてはいない。

「まずは4年後のミラノを目指しますが、地元札幌での開催が有力視される8年後を最も大きな目標にしています。今は遠く及びませんが、小さい頃から一緒に飛んできた沙羅さんに、『これから出てくる選手』として言ってもらったことをずっと励みにしているので、沙羅さんとオリンピックの表彰台に立ちたいです」

 渡邉は小3でジャンプを始めた。20~25メートルを飛べるスモールヒルの台から滑ったが、すぐに夢中になったという。

「両親に聞くと、私、札幌ジャンプスポーツ少年団に入って、2日目には飛んでいたそうです。恐怖心はその頃からなかったみたいです(笑)」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集