[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

父は脳内出血で引退した伝説のボクサー 再起した平仲信裕の心を燃やしたオヤジの言葉

2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第9回は、アマチュアボクシング・平仲信裕(沖縄県ボクシング連盟)が登場する。

11月の全日本選手権、父にも支えられて再起のリングに立った平仲信裕(右)【写真:(C)日本ボクシング連盟提供】
11月の全日本選手権、父にも支えられて再起のリングに立った平仲信裕(右)【写真:(C)日本ボクシング連盟提供】

一人の記者が届ける「THE ANSWER」の新連載、第9回はアマボクシング・平仲信裕

 2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第9回は、アマチュアボクシング・平仲信裕(沖縄県ボクシング連盟)が登場する。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 プロの元WBA世界スーパーライト級王者で1984年ロサンゼルス五輪代表の明信氏を父に持つ25歳。東京五輪代表を逃した後はプロ転向や引退もよぎったが、父の言葉が「アマで燃え尽きる」という想いを生み出した。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

 偉大な親を持つと、子は苦労する。よく聞く定説だが、必ずしもしんどいことばかりではない。「親ガチャ」なんて言葉が流行する時代。偉大だからこそ、道標になってくれることがある。

 11月26日の全日本選手権(東京・墨田区総合体育館)。男子ウェルター級の平仲は2回戦から登場した。動きは硬く、ガードで耐える展開が続く。大振りのパンチは外れ、石灘隆哉(エイベックス)に1-4の判定負け。3年ぶり5度目の全日本は、わずか10分ほどで終えた。

 父は日本ボクシング史に名を刻んだ選手である。1992年4月、王者エドウィン・ロサリオ(プエルトリコ)に初回から襲い掛かり、わずか92秒のTKO勝ち。猛者揃いの階級で世界王座を奪い取った。重い拳で敵を葬り去る獰猛なスタイル。髭を蓄えた無骨な外見も相まって人気を博し、伝説は今もなおファンの脳裏に刻まれている。

 アマチュア時代にアジアを制し、五輪のリングにも立った父。長男の信裕は親子出場を目指したが、東京五輪は代表権を奪えなかった。19年春に芦屋大を卒業後、地元の沖縄へ戻り、知人の建設会社で働きながら父のジムで練習。華やかなプロ興行に憧れもある。同年秋の全日本社会人選手権を最後に「アマに区切りをつけようか」とプロ転向も選択肢に入れていた。

「どうしようか」。どっちつかずでくすぶっていると、コロナ禍に見舞われた。1年半ほど試合ができず、運動は汗をかく程度。実戦もプロのスパーリング相手を務めるくらいだった。

 このままグラブを吊るすのか。そんな時、多くは言葉を交わさない父がつぶやいた。

「もったいねぇなぁ」

 年齢には勝てない。若いうちに本気で打ち込めるのがボクシング。「プロの欲もあるけど、アマに未練があった。時間は限られている」。父のような大きなタイトルは獲ったことがない。父の想いと自らの意志が重なった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集