[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

野次られた大谷翔平が余裕の笑み 敵地で見せていた“大物感”が米話題「彼はプロだ」【二刀流の衝撃2021】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回は5月、敵地で見せた余裕の笑みだ。レッドソックス戦でスタンドの観客から野次を飛ばされるも、余裕の笑みを返したシーンが話題となった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

「大谷翔平の名場面総集編」5月、野次られたファンへの反応が話題に

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回は5月、敵地で見せた余裕の笑みだ。レッドソックス戦でスタンドの観客から野次を飛ばされるも、余裕の笑みを返したシーンが話題となった。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 敵地フェンウェーパークでの出来事。ネクストでバットを持ち、打席に備える背番号17に対して、スタンドから野次が飛んだ。「両方こなすのは大変だぞ」「めっちゃ難しいぞ」などと二刀流を揶揄する声が上がったが、大谷は全く意に介していない様子。うんうんと頷くようにして、余裕の笑みを見せていた。

 5月14日(日本時間15日)にスタンド最前列から撮影された映像を、地元紙「トリビューン・デモクラット」などに寄稿するフリーランス記者のアマンダ・ガッドシー氏が自身のツイッターで公開。これには米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLBアナリストのベン・バーランダー氏も反応し「野次られたオオタニは笑って頷き、そして本塁打を放った」とツイートし拡散した。

 この試合では左翼にそびえ立つグリーンモンスターを越える11号ソロを放つなど、4打数2安打1打点だった。映像を見た米ファンからは「野次られた後の最適な対応は打つことだ」「今までで最悪の野次だ(笑)」「やり返されてる」「彼はプロフェッショナルでキュートだ」「この野次ってる人、もはやファンだろ(笑)」「ショウヘイが凄い選手だと知らないんだな」「酔っぱらったバカだな」「同じボストンに住む者として恥ずかしい」などと反響が広がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集