[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

あの日、拳四朗に飛んだ「クソガキ」の野次 切に思うボクシングの「もう一つの魅力」

2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第5回は、4月にWBC世界ライトフライ級王座8度目の防衛に成功したボクシングの寺地拳四朗(BMB)が登場する。9月に王座陥落した1つ前の試合で、ある野次が飛んでいた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

4月のV8戦でダウンを奪った瞬間の寺地拳四朗、外野の声を結果で跳ね返せるか【写真:浜田洋平】
4月のV8戦でダウンを奪った瞬間の寺地拳四朗、外野の声を結果で跳ね返せるか【写真:浜田洋平】

一人の記者が届ける「THE ANSWER」の新連載、第5回はボクシング・寺地拳四朗

 2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第5回は、4月にWBC世界ライトフライ級王座8度目の防衛に成功したボクシングの寺地拳四朗(BMB)が登場する。9月に王座陥落した1つ前の試合で、ある野次が飛んでいた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 ◇ ◇ ◇

 言葉が雑に投げつけられた。王者は集中力を高めながら入場。ガウンをまとったまま右拳を上げ、リングから四方に挨拶をしている時だった。

「クソガキー!」

 4月24日、王者・寺地が挑戦者・久田哲也を迎え撃ったV8戦(エディオンアリーナ大阪)。2020年7月の飲酒トラブルが秋に公となり、処分明け最初の“みそぎ”の試合だった。ゴング前に客席の男性から飛んだ野次。騒動を踏まえてぶつけたのか、本人に届いたのかもわからない。激励を込めた声も多く飛ぶ格闘技。ただ、生で聞いた身としては、今回のものは冷たさを感じさせた。

 寺地にとって1年4か月ぶりのリング。序盤は硬く、手数が少なかった。2回には鮮やかにダウンを先取。ワンツーでフック気味の右ストレートが相手の顎に炸裂した。歓声自粛のスタンドが沸き、思わず声を出させるパフォーマンスだ。結果は判定勝ち。採点は119-108、118-109、118-109の完勝だった。

 だが、物足りない。覚悟を決めた挑戦者に押される場面も目立ち、本人も、ファンも満足できる内容とは程遠かった。打たせずに打つのが本来のスタイル。細かいフットワークで距離を取り、多彩なジャブやワンツーでダメージを与える。色白の童顔が返り血を浴びる様は実に猟奇的である。7度の防衛中には実績のある強敵に何もさせず、海外の評価も高まっていた。

 圧倒的強さが隠れた背景には、心の余裕が関係していたのではないか。リング上の勝利者インタビューで見せた姿が胸の内を表現していた。

 顔を歪め、鼻をすすりながら振り絞る細い声。マイクを手渡された時には泣いていた。「全然、聞こえねーぞ!」。拍手の合間、今度は厳しくも温かい観客の声が飛んだ。

「自分の不祥事で本当にたくさんの方にご迷惑をおかけしてしまいました。来てくれた方、ありがとうございます。こんな僕でも応援してくれたら嬉しいです。ボクシングを続けられて本当に幸せ……。これから恩返しできればと思います。これからもっと頑張っていくんで、また応援してくれたら幸せです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集