[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福士加代子の「ずーっと勝ちてぇ」という本能 ドベでも5000人を惹きつけた39歳の魔力

2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第4回は陸上の福士加代子(ワコール)が登場する。5月の日本選手権(静岡・エコパスタジアム)では、最下位でも最後は5000人の視線を独占。16年リオ大会まで4大会連続で五輪に出場した39歳に“魔力”を感じた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

日本選手権のフィニッシュ直後、万雷の拍手を受けた福士加代子は笑っていた【写真:奥井隆史】
日本選手権のフィニッシュ直後、万雷の拍手を受けた福士加代子は笑っていた【写真:奥井隆史】

一人の記者が届ける「THE ANSWER」の新連載、第4回は陸上・福士加代子

 2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第4回は陸上の福士加代子(ワコール)が登場する。5月の日本選手権(静岡・エコパスタジアム)では、最下位でも最後は5000人の視線を独占。16年リオ大会まで4大会連続で五輪に出場した39歳に“魔力”を感じた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 ◇ ◇ ◇

 千両役者には勝手に視線が集まってしまう。そんな魔力を感じた。

 5月3日の日本選手権女子1万メートル。注目は東京五輪の代表入りを目指した廣中璃梨佳(日本郵政グループ)と安藤友香(ワコール)だった。先頭の入れ替わり、終盤のスパート、五輪出場が内定したフィニッシュの瞬間に大きな拍手が鳴った。

 だが、最後尾の39歳に注がれた拍手も同じくらいの音量だった。福士は900メートルで集団から離され、5000メートル付近で周回遅れに。それでも、途中棄権する選手を横目に足を回し続ける。400メートルのトラックを25周。上限5000人の観衆は、大ベテランがメインスタンドの前を通過するたびに手を叩いた。

 運動会で最後を走る選手に送られるそれとは全く違う。この種目は6連覇を含む過去7度も優勝した。五輪は04年アテネから4大会連続で出場してきたレジェンド。励ましや労いだけでなく、リスペクトが込められた温かさを感じさせた。最終盤には2周遅れ。完走した19選手中最下位だったが、最後のメインストレートは視線を牛耳った。

「レースでは全然勝負になりませんでしたけど、見守られて完走できてよかったかなと思います。感動しちゃいましたね、はい。嬉しくなって感動しました。大きい大会でこんなに“ドベドベ”になるのも今までなかったし、最後に拍手をもらうのもなかなかない」

 誰もいないトラックを駆け抜け、涙を浮かべながらフィニッシュ。スタンドに手を振り、何度も頭を下げた。02年の自己ベスト30分51秒81から3分以上も遅い34分00秒53だったが、万感の思いを漂わせた表情。記者の中には「もしかしたら」とラストレースを予感し、慌て始める者もいた。

 東京五輪はマラソンで目指していたが、19年9月マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)7位、20年名古屋ウィメンズは途中棄権で出場権獲得はならず。トラック種目に照準を定めたものの、この日に1万メートル3枠が確定し、可能性の残る5000メートルでも参加標準記録突破は絶望的な状況だった。

 否が応でも浮かぶ引き際。でも、レース後のリモート会見はあっけらかんと喋るいつもの“福士節”だ。今後について聞かれた時、抜群の笑顔で煙に巻いた。

「わかんない(笑)。一応、トラックで一礼してきたんでね。どっちでもいいようには対応してきたんで。うふふふふふふふっ。どっちでもいいように。終わり良くしようとちゃんと一礼はしてきたので、まだわかりません」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集