[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井岡一翔の“距離感”に元世界王者も脱帽 「パッキャオの後継者」破り新たな歴史築くか

アンカハス戦の先に見据える頂上決戦

 この階級で最も評価が高く、強いと言われるのは、WBA&WBC統一王者のファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)だ。前回の試合では、元最強王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)との激闘を制し、WBCのベルトに加え、WBAのベルトを獲得した。次戦も“ロマゴン”との再戦が決まっていたが、コロナで延期されている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 井岡はことあるごとにエストラーダの名前を出し、対戦を望んできた。今回の試合に勝てば、試合の実現に近づくだろう。統一王者同士が戦えば、4団体統一の偉業を達成することになる。スーパーフライ級では過去に王座が統一されたことはないので、実現すれば初の快挙だ。

 井岡は2009年にプロデビューしてから、7戦目で世界タイトルを獲得している。その後は、統一戦や複数階級制覇などあらゆるタイトルを獲得してきた。今回の試合で30戦目となり、年齢も32歳と若くない。キャリアのゴールも見据えているだろう。年末の試合でどんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみだ。

 これまで数々の歴史を作ってきた井岡は、どこまで行くのだろうか。スーパーフライ級の頂上決戦は近いかもしれない。

(木村 悠 / Yu Kimura)

1 2 3

木村 悠

1983年生まれ。大学卒業後の2006年にプロデビューし、商社に勤めながら戦う異色の「商社マンボクサー」として注目を集める。2014年に日本ライトフライ級王座を獲得すると、2015年11月には世界初挑戦で第35代WBC世界ライトフライ級チャンピオンとなった。2016年の現役引退後は、株式会社ReStartを設立。解説やコラム執筆、講演活動、社員研修、ダイエット事業など多方面で活躍。2019年から『オンラインジム』をオープンすると、2021年7月には初の著書『ザ・ラストダイエット』(集英社)を上梓した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集