[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

はしゃぐ伊藤美誠、大舞台で生まれた“不思議なダンス”をWTTが紹介「楽しまなければ」

卓球の世界選手権女子ダブルス準決勝が28日、米・ヒューストンで行われ、伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が陳夢、銭天一組(中国)に3-2で撃破。銀メダル以上が確定したが、世界卓球選手権(WTT)の公式メディアでは“みまひな”コンビの大はしゃぎぶりに注目。笑顔マークで称賛している。

世界選手権女子ダブルスに出場している早田ひな(左)と伊藤美誠【写真:AP】
世界選手権女子ダブルスに出場している早田ひな(左)と伊藤美誠【写真:AP】

世界選手権・女子ダブルス準決勝で中国ペアに勝利

 卓球の世界選手権女子ダブルス準決勝が28日、米・ヒューストンで行われ、伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が陳夢、銭天一組(中国)に3-2で撃破。銀メダル以上が確定したが、世界卓球選手権(WTT)の公式メディアでは“みまひな”コンビの大はしゃぎぶりに注目。笑顔マークで称賛している。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 試合中に生まれた不思議な“ダンス”が話題だ。最終ゲーム、伊藤が体勢を崩しながらも懸命にリターン。これが得点に結びついた。すると、伊藤は両手を大きく振りながら歓喜の躍りを披露した。なんとも陽気だ。笑顔の21歳の後ろ側で、早田も画面から消えるほど大きく動いて得点を喜んでいる。

 WTT公式ツイッターは、この2人のはしゃぎっぷりの良さに注目。実際の動画を紹介しながら「楽しまなければ、プレーする意味がない」と文面で笑顔の絵文字ととも決勝進出をレポートしていた。

 この日は真剣な表情を浮かべながら、交錯した場面で笑顔を振りまくなど最高の雰囲気で、中国の強豪ペアを激闘の末に倒した。王曼※(※日の下に立)、孫穎莎(中国)ペアの待つ決勝に駒を進めたが、日本女子ペアでは1967年大会以来の優勝を目指すことになる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集