[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小平奈緒のサングラスが話題に 冬の五輪に欠かせない“目元”の秘密に迫る

小平と高木がつけているサングラスの違いとは?

 快進撃を支える「オークリー」。選手のこだわり、それに対する同社のサポート体制を田中全亮、永田隼也の両スポーツマーケティングアドバイザーに聞いた。

【PR】NPB&MLBがついに開幕! 野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 スピードスケートの小平、高木らを担当する永田さんは、ここまでの活躍を「期待されている中で、メダルを持って帰ることは本当にすごいこと」と喜びを口にする。

 スピードスケートにおいて、サングラスは重要。風をよけ、まぶしいリンクの反射を抑えるために欠かせない。選手によって、求めるのは様々だ。フレームの色、レンズの明るさ…。実は小平がつけているものと、高木がつけているものは微妙に違っている。

「小平選手と、高木選手とでは使っているモデルが違う。小平さんは度付きのレンズで、色がクリアなものを使用しています。レンズへのこだわりはかなりのものがあります。フレームの色などに関しては、その時々ですね」

 500メートルについては、競技に集中するあまり、アップで使っているものをそのまま使用したが、レンズは同じものだ。

 内からの見え方を気にする選手、外からの見た目を気にする選手。丁寧にリクエストに応えていくのもスタッフの仕事だという。

「高木選手はレンズカラーで悩んでいました。練習日に2枚、別のものを試してもらって、最終的にプリズムロードというプリズムが入っているレンズを選択してもらった。日本のリンクは暗めだったので、明るいレンズでしたが、今回のリンクはすごく明るいので色を少し下げたようなものです」

 0.01秒を競う、スピード種目。微妙で繊細な感覚の違いが、勝敗を左右する。スピードスケートでは、この2人で4つのメダルを量産して見せた。

「選手と喜びを共有できることが最高の喜び」とやりがいを語る永田さん自身も、自転車競技で、同社のサポートを受けるアスリート。「選手の気持ちに立ってサポートするようにしています」と話した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集