[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 涙のイ・サンファ、背負い続けた“重圧”「銀を獲ったら罪人になった気分がした」

涙のイ・サンファ、背負い続けた“重圧”「銀を獲ったら罪人になった気分がした」

平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)に次ぎ、銀メダルを獲得したイ・サンファ(韓国)。母国で3連覇の偉業を逃して号泣し、小平に慰められ、抱擁したシーンは話題を呼んだ。その裏には今シーズン、女王として並々ならぬプレッシャーがあったという。2位続きだったことを受け、「(試合で)銀メダルを獲ったら罪人になった気分だった」と語ったことを地元紙「スポーツソウル」が伝えている。

スピードスケート女子500メートルで銀メダルを獲得したイ・サンファ【写真:Getty Images】
スピードスケート女子500メートルで銀メダルを獲得したイ・サンファ【写真:Getty Images】

勝利が宿命の五輪女王が今季、感じていたもの…「銀メダルで始まって銀メダルで終わった」

 平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)に次ぎ、銀メダルを獲得したイ・サンファ(韓国)。母国で3連覇の偉業を逃して号泣し、小平に慰められ、抱擁したシーンは話題を呼んだ。その裏には今シーズン、女王として並々ならぬプレッシャーがあったという。2位続きだったことを受け、「(試合で)銀メダルを獲ったら罪人になった気分だった」と語ったことを地元紙「スポーツソウル」が伝えている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 銀メダルから一夜明け、イ・サンファは取材に応じた。記事によると、死力を尽くした銀メダルに対し、インターネット上で大きな感動をもらったと反響を呼んでいることについて質問を受け、“氷速女帝”は「昨年から銀メダルで始まって銀メダルで終わった。銀メダルを獲ったら罪人になった気分がした」と打ち明けたという。

 2連覇を果たし、常に勝つことを求められた五輪女王だったが、今季は11月のワールドカップ(W杯)初戦で小平の後塵を拝し、以降も日本の女王の背中を追いかける展開が続いた。母国の大きな期待を受け、戦い続ける重圧があったのだろう。2位であることを“罪”のように感じる日々を過ごしたが、友人、ファンの存在が支えになったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー