[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • なぜ、平野歩夢は「安全に勝つ」を選ばないのか 恩人が明かす“天才の美学”とは

なぜ、平野歩夢は「安全に勝つ」を選ばないのか 恩人が明かす“天才の美学”とは

平昌五輪のスノーボード男子ハーフパイプ決勝で2大会連続の銀メダルを獲得した平野歩夢(木下グループ)。ショーン・ホワイト(米国)と五輪史に残る名勝負を繰り広げ、世界中から注目を集めた19歳を、7歳からサポートしているのがスポーツブランド「オークリー」だ。平野のことをよく知る、同社スポーツマーケティングアドバイザーの田中全亮氏が、カリスマスノーボーダーがかつて明かした“壮大な野望”を教えてくれた。

銀メダルを獲得した平野歩夢、オークリーのスポーツマーケティングアドバイザー・田中全亮氏【写真:荒川祐史】
銀メダルを獲得した平野歩夢、オークリーのスポーツマーケティングアドバイザー・田中全亮氏【写真:荒川祐史】

「決勝もスコア出すだけならもっと上目指せた」―オークリー田中全亮氏が見た“壮大な野望”

 平昌五輪のスノーボード男子ハーフパイプ決勝で2大会連続の銀メダルを獲得した平野歩夢(木下グループ)。ショーン・ホワイト(米国)と五輪史に残る名勝負を繰り広げ、世界中から注目を集めた19歳を、7歳からサポートしているのがスポーツブランド「オークリー」だ。平野のことをよく知る、同社スポーツマーケティングアドバイザーの田中全亮氏が、カリスマスノーボーダーがかつて明かした“壮大な野望”を教えてくれた。

 五輪史上初の連続4回転を成功させるなど、圧巻の滑りを見せつけた平野。金メダルには届かなかったが、そのパフォーマンスには今なお、賛辞が続いている。8歳から10年以上、平野のそばについてサポートし続け、現地で観戦した田中氏も「4年間よく頑張って、ここまで来たと思う」と胸をなで下ろした。

 平昌に入ってからも、平野は常に平常心だった。「歩夢はずっと小さい頃から知っているので、見ていれば、今のテンションもわかる。なるべくはいつも通りに接する。向こうは普段通りなので、緊張しているのは俺のほうなんじゃないかと思いました(笑い)」。だからこそ、決勝も安心して見れていられた。

 結果は2大会連続の銀メダル。だが、平野にとって、悔しいのは敗れたことではないという。「3本目、立てなかった悔しさのほうがでかいみたいです」と田中氏。スコアで負けたことよりも、さらに高いレベルを求めた最後の3本目に着地に失敗したことが、悔しかったのだという。それは、平野の性格にある。

「スノーボードに対してはすごくまじめ。こだわっている部分がオリジナルというか、自分にしかできないことを貫いているタイプですね。決勝のランも、スコアを出すだけならもっと上を目指せたなと。だけど、高回転をつなぐのは世界で自分にしかできない、それを貫いたのも歩夢のオリジナルだし、やれるだろうと思って練習してきているわけですから」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー