[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、平野歩夢は「安全に勝つ」を選ばないのか 恩人が明かす“天才の美学”とは

平野歩夢の東京五輪出場は実現するのだろうか【写真:荒川祐史】
平野歩夢の東京五輪出場は実現するのだろうか【写真:荒川祐史】

目標の一つはクリア、次は東京?「今回、金を取ったらスケート行こうかなと…」

 平野はただ自分に嘘をつきたくないから、進み続けているのだ。スノーボードを始めて間もない時に立てた壮大な目標へ向けて、ぶれることなく、進み続けているのだ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 幼い頃に立てた、“2つの競技での世界一”という目標。今回こそ銀メダルだったが、スノーボードではすでに達成している。ならば、次はスケートボードなのか――。正式種目となった2020年の東京五輪への挑戦という、夢のようなプランが現実味を帯びてくるが……。

「歩夢自身は前に『今回、金メダル取ったら、ちょっとスノーボード休んで、スケート行こうかな』と、冗談っぽく、話してはいましたね。今回、銀だったので、4年後の(冬季五輪での)金メダルをという気持ちは強いと思います。ただこれまでも、午前にスノーボードの練習をして、午後はスケートパークで滑っていたこともあった。あとは本人が考えることですから」

 冬季、夏季の“二刀流”――。周りは騒ぎ立てるが、平野にとってはただ、決めた道を歩いているに過ぎないのかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集