[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 【独占告白】平野歩夢「究極の滑りを」 悲願の金メダルへ“20時間後の決意”

【独占告白】平野歩夢「究極の滑りを」 悲願の金メダルへ“20時間後の決意”

平昌五輪は13日、スノーボード男子ハーフパイプ予選がフェニックス・スノーパークで行われ、ソチ五輪の銀メダリスト・平野歩夢(木下グループ)が2本目に95.25点をマーク。3位で14日午前10時30分から行われる決勝に駒を進めた。日本の金メダル第1号の期待がかかるスノーボード界の逸材は予選直後、20時間後に迎える大一番への意気込みを「THE ANSWER」に独占告白した。

独占インタビューに応じた平野歩夢【写真:荒川祐史】
独占インタビューに応じた平野歩夢【写真:荒川祐史】

打倒ホワイトへ、決勝にかける胸中吐露「やれることをやって、いい結果になればいい」

 平昌五輪は13日、スノーボード男子ハーフパイプ予選がフェニックス・スノーパークで行われ、ソチ五輪の銀メダリスト・平野歩夢(木下グループ)が2本目に95.25点をマーク。3位で14日午前10時30分から行われる決勝に駒を進めた。日本の金メダル第1号の期待がかかるスノーボード界の逸材は予選直後、20時間後に迎える大一番への意気込みを「THE ANSWER」に独占告白した。

 確実に、大事に――。それでも平野は高く、優雅なエアで観衆を魅了した。1本目は4位。そして2本目、大技を封印し、クオリティの高いエアを並べた。95.25点に会場は沸いたが、この日がまだ、本番じゃない。

 競技を終えてからほどなくした午後3時過ぎ。インタビューに応じた平野は努めて冷静に振り返った。

「予選だったので確実に決めたいと。それを自分で、確実なものに高さをプラスして滑った感じです。決勝じゃないので、決勝のことを考えて、(決勝へ)上がれる滑りをしたというところです」

 19歳ながら、積み上げたキャリアは百戦錬磨。先日、Xゲームで史上初めて成功させた「フロントサイドダブルコーク1440」から「キャブダブルコーク1440」の連続4回転は温存した。あくまでピークを持っていくのはファイナルの舞台。オリンピックのメダルを争うハーフパイプの中だけだ。

「あとは、やれることしかやれない。やれることは……自分の滑りというか、やれることをやってそれが“いい結果”になればいい」

 自分を信じ、戦い抜けば、必ず結果がついてくると確信している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー