[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 平野歩夢、王者ホワイトが重ねた“天才の境遇”「彼はホワイト2世になるだろうと…」

平野歩夢、王者ホワイトが重ねた“天才の境遇”「彼はホワイト2世になるだろうと…」

平昌五輪は13日、スノーボード男子ハーフパイプ予選でソチ五輪銀メダリスト・平野歩夢(木下グループ)が3位で決勝進出を決めた。一方、金メダルを争う五輪金メダル2度のカリスマ、ショーン・ホワイト(米国)は2本目に98.50点という圧巻のスコアを叩き出し、首位で決勝に駒を進めたが、「ホワイト2世」と呼ばれてきた平野と“天才の境遇”を重ね合わせて語っている。米地元紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じている。

平野歩夢、ショーン・ホワイト【写真:Getty Images】
平野歩夢、ショーン・ホワイト【写真:Getty Images】

決勝で金メダル争い、“カリスマ”が語った平野「アユムは13歳の時から見ているんだ」

 平昌五輪は13日、スノーボード男子ハーフパイプ予選でソチ五輪銀メダリスト・平野歩夢(木下グループ)が3位で決勝進出を決めた。一方、金メダルを争う五輪金メダル2度のカリスマ、ショーン・ホワイト(米国)は2本目に98.50点という圧巻のスコアを叩き出し、首位で決勝に駒を進めたが、「ホワイト2世」と呼ばれてきた平野と“天才の境遇”を重ね合わせて語っている。米地元紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じている。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 絶対王者がギアを入れ直した。1本目に93.25点でトップに立ったホワイト。2本目に平野とスコッティ・ジェイムス(オーストラリア)に抜かれ、3位に。すでに決勝進出は確定的だったが、2本目で威厳を示した。

 記事では「ホワイトはすでに水曜日の決勝進出に安泰だったが、彼は2本目で安全策に出なかった。ほぼ完璧な98.50点を叩き出した。6人のジャッジは3人が99点で、3人が98点。このランにはフロントサイド1080ダブルコークとダブルマックツイスト1260、フロントサイドダブルコーク1260が含まれていた」と圧巻の内容を伝えている。

 06年トリノ五輪、10年バンクーバー五輪で金メダルを獲得し、年収10億円ともいわれるスノーボード界の31歳のカリスマ。前回ソチ五輪は転倒で表彰台を逃し、雪辱にかける思いは強いが、一方で平野を筆頭にした若手も台頭している。記事ではひと回り違う19歳のライバルに対し、語っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー