[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 海外メディアも絶賛 アジア王者・浦和レッズの「圧巻コレオ」実現の舞台裏とは

海外メディアも絶賛 アジア王者・浦和レッズの「圧巻コレオ」実現の舞台裏とは

J1リーグの浦和レッズは、サッカーのクラブ世界一を決めるFIFAクラブワールドカップ(W杯)に参戦。浦和と言えば、サポーターが織りなす華麗かつ壮大なコレオグラフィーがスタンドを彩ってきた。クラブを象徴する要素の一つと言っても過言はないが、その出色の“作品”を完成させるための舞台裏とは――。

ACL決勝第2戦でスタンドに広がった“出色の作品”に西川も感動「あれは鳥肌もの」

 J1リーグの浦和レッズは、サッカーのクラブ世界一を決めるFIFAクラブワールドカップ(W杯)に参戦。浦和と言えば、サポーターが織りなす華麗かつ壮大なコレオグラフィーがスタンドを彩ってきた。クラブを象徴する要素の一つと言っても過言はないが、その出色の“作品”を完成させるための舞台裏とは――。

 浦和は11月25日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝、アル・アハリ(サウジアラビア)との第2戦に1-0で勝利。2戦合計スコア2-1で、10年ぶり2度目のアジア王者に輝いた。決戦の会場となった埼玉スタジアムには、試合直前に選手の士気を一層高める感動的なビジュアルが広がった。

 バックスタンドにクラブのエンブレムとACL優勝トロフィーをデザイン。両ゴール裏には前回の優勝を意味する2007(年)の文字と星印、そして今回の優勝を願う2017(年)の文字と星印をあしらい、メインスタンドも一体となってこれがうねるリボンで結ばれていた。

 カラーシートを掲げる“演出者”の観客はもちろんこの光景を目にすることはできないが、眺望した人々は感嘆し、目が点になった。見慣れているはずの選手もこれには驚き、大会最優秀選手に選ばれたMF柏木陽介は「あまりに凄いので鳥肌が立った。準備してくれた人は大変だったと思う」と話し、日本代表GK西川周作も「予想をはるかに上回っていた。あれは鳥肌ものです」と司令塔に続いて感動の言葉を述べた。

 過去にも海外メディアから世界の筋金入りのサポータートップ5に選ばれ、圧巻のコレオグラフィーと絶賛されている。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー