[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 常軌を逸した一撃!? 60m弾にドライブ弾…プレミア選出“歴代超ロングシュート8連発”

常軌を逸した一撃!? 60m弾にドライブ弾…プレミア選出“歴代超ロングシュート8連発”

サッカーにおいて、ロングシュートによるゴールは醍醐味のひとつだ。観る者に痛快さを与える“スーパーな一撃”を、イングランド1部・プレミアリーグの公式インスタグラムが特集。これまで生まれてきた歴代のスーパーロングシュートの中から8本を厳選し、「これらの常軌を逸した一撃を1つの絵文字で表現できるか…」と投げかけている。

プレミアリーグが8本厳選…“貴公子”ベッカムの伝説の一撃で“幕開け”

 サッカーにおいて、ロングシュートによるゴールは醍醐味のひとつだ。観る者に痛快さを与える“スーパーな一撃”を、イングランド1部・プレミアリーグの公式インスタグラムが特集。これまで生まれてきた歴代のスーパーロングシュートの中から8本を厳選し、「これらの常軌を逸した一撃を1つの絵文字で表現できるか…」と投げかけている。

 “歴代スーパーロングシュート8連発”のトップを飾るのは、“貴公子”と呼ばれた元イングランド代表MFのデビッド・ベッカムだ。1996年8月17日のマンチェスター・ユナイテッド-ウィンブルドン戦、センターサークル右で周囲を見ていたベッカムは隙を突いてシュートモーションへ。ほぼハーフウェーライン上から放たれたボールは、宙高くに舞って一気に加速すると、飛び出していた相手GKの頭上を越え、そのままゴールに突き刺さった。

 2006年9月20日、リバプール-ニューカッスル戦で炸裂した元スペイン代表MFシャビ・アロンソの一撃も見事だ。映像では、レジスタが試みたセンターサークル手前からのシュートを後方から収録。相手GKが慌てて戻るも滑って転び、必死に伸ばした手の先にボールが飛び込んでいる様子がよく分かる。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー